FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第853回 2020年4月16日~22日の為替見通し

2020年04月16日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗108.983
均衡107.586
下値支持106.443-105.599
※現状はドル円の振れ幅におけるフレームが若干、ドル安円高傾向に引っ張られているなかでの週末に向けてのリバウンド状態です。
時間はもう少し先になりそうですが、トレンドは105円方向を見に行く可能性があります。
来週はじめのニュースに注意したいですね。

●ユーロ円
上値抵抗118.074
均衡117.627
下値支持116.861

●豪ドル円
上値抵抗68.758-68.050
均衡67.106
下値支持66.555
※オーストラリアは日本と季節が逆になり、これから新型コロナがどういう状態になるかを注意深く見ておきたいと思います。

相次ぐ厳しい経済指標の発表を受けて各通貨に動揺が広がる場面が続きますが、「これ以上、悪くなるとしたら?」という点で打たれ強さが出てきたようで、先般のような大荒れにはなっていません。
今となってはドル円の101円への急激な突っ込み再来希求も芽生えているかもしれません。
さて、新型コロナによる世界規模の自粛から早く正常な経済活動に戻れることが望まれますが、終息のヒントになりそうな様々なデータが示されるようになりました。

●中国では眼科の医師への罹患がみられ、飛沫感染が疑われる根拠になりましたが、歯医者の罹患例が少ないことから、別の理由でも感染が広がっていると可能性が指摘されています。人から人だけではなく、モノを介しているのではないかというのです。
公衆トイレの壁、把手、食品売り場での商品のさわり回し、買い物籠の把手などに菌がついていて、それを触り、その手で鼻、目、口などを触ることで罹患リスクが増すのではないかという指摘が医師、学者筋から出ています。
こうした事態を避ける一法として消毒ロボット(デンマークが製造)による紫外線照射などが導入されればと思います。菌が除去されれば罹患者が減少するのではないでしょうか。

●中国の新聞が3月17日に報道したことですが中国の8研究機関のまとめたデータによると血液型でA型が最も罹患率、死亡率が高かったという結果が出て、その論文が査読待ちになっているとのこと。この件については動画を作って説明していますので、お時間がありましたらご覧ください。
(4月16日15時更新号)
https://www.youtube.com/watch?v=1nfPnok4yBM&list=PLhU_5pggwZ81Nv2LTX5qZmvYLLgQcT4rP


●トランプ大統領がギリアドサイエンシズのレムデシビル(エボラ出血熱に効く薬)を新型コロナにも使用できるようにブッシュしていることから、治療薬やワクチンが開発されるのはそう遠くないでしょう。

となると、今年後半には好転する可能性を考えたいと思います。何しろ現在、平時ではなく非常時。株価、為替、原油を動かす人間活動への制限がなくなることが指標改善の大前提です。見えない敵との戦い方がわかる十分なデータはそろいつつあります。希望をもってトレードチャンスに乗っていきたいものですね。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ