FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第855回 2020年4月30日~5月6日の為替見通し

2020年04月30日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗107.473
均衡106.801
下値支持105.593


●ユーロ円
上値抵抗118.786
均衡116.870
下値支持114.280

●豪ドル円
上値抵抗71.570
均衡69.250
下値支持67.878

全世界に「悪い夢」あるいは「SF物語」でも見ているかのような日々が続いています。新型コロナの蔓延で当たり前だと思っていた日常生活のすべてが塗り替わってしまいました。

本来であれば今頃、日本では東京五輪の直前で、インバウンドも国内消費も大いに盛り上がっていたはずでした。働く人の所得も増加し人々の気持ちもみなぎっていたと思います。それが今や企業がいつ倒れるかの心配をしなければいけなくなり、通勤すらままならなくなっています。私生活の行動も制限され、GWに親元への帰省もままなりません。
しかも社会主義国さながら、国からの給付金でしのいでいくことになりそうな状態です。

ところで今回はのウイルスには人工的痕跡説が根強くささやかれています。もし、そうならどこの誰が何のために用いたのでしょうか?
発症がもっとも早く観測された中国は米軍説を一時持ち出し、アメリカやドイツは中国が原因として損害賠償請求を求めています。米ポンペイオ国務長官が「中国には安全性に疑問がある類似菌を扱う研究所が複数ある」と発言していることから、中国に依拠するとの考えです。
次に人為的か偶発的かの問題です。現在のところ、その点は不明ですが中国は
不思議な行動をとっているのです。
武漢での新型流行が2019年11月から2020年年初。中国は1月末までに世界各国の同胞に呼びかけ、解熱剤タイレノールやマスク、防護服、手袋などを買い占めて本国に送るように指示。そして各国に病気が蔓延したころ、「マスクがなくてお困りでしょう」と健康シルクロード構想の下、ファーウエイ導入とバーターで「マスク外交」を展開しています。さらに世界のメディア報道が新型一色の中、2月26日、ハワイ沖に潜水艦などを
予行演習。その際に米軍哨戒機にレーザー照射をし、米軍から謝罪を要求されています。

特効薬がないと潜水艦乗務にも支障が出てくるため米ギリアドサイエンシズ開発中の治療薬レムデシビルの承認が待たれるところですが、中国は論文で同薬に「副作用」と「治験無効」を指摘しています。中国採用のアビガン成分もメーカーである富士フイルム富山化学工業が副作用に注意喚起しているのにレムデシビル阻止の気配が強いのです。

そんな折、北朝鮮の金正恩委員長の動静に様々な観測が言われ始めました。一部の識者から「中国主導で(スムースなトップ交代に向けて)物語作りがなされている気配」が指摘されています。北朝鮮と中国の間には強い互恵関係があるといわれる中、米国派もいて、今、情勢は微妙です。
米側はロシアのクリミア半島併合時の電磁的無効化⇒情報統制⇒併合という手法で通信制御の果たした役割が要とみて、ファーウエイ通信網に対し警戒しています。対抗策を打ち出すために空軍がとらえた飛翔体動画を公開したのかもしれませんね。
新型肺炎はこうした米中動向の中でとらえるべきで、両国対立のフェーズは北朝鮮問題も絡めて、かなり微妙なところに差し掛かってきていると思います。そこで為替レンジですが不測の事態を考慮した幅を設定しておくべきかと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第855回 2020年4月30日~5月6日の為替見通し