FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第712回 注目を続けたい豪ドル/円の値動き

2020年06月01日

 先週は、NYダウ平均が一時25700ドル台まで上値を試す一方で、日経平均株価が一時2万2000円まで「あと45円足らず」の水準まで値を上げる場面があり(週間の上昇率は7%超)、総じてリスク選好ムードが全体に強く漂い続けた。
 結果、基本的にはドル売りと円売りがともに優勢となり、足下のドル/円の値動きは非常に限られたものとなっている。週末29日にやや強めの売り圧力がかかった場面でも下値は107.08円までに限られ、後に急反発して結局は107.80円台で週の終わりを迎えた。

 週末のNY時間に見られたドル/円の急激な切り返しは、一つに「月末の需給に伴う円売り・ドル買いの結果に因るところが大きい」と思われるが、ほかに「107円を割り込まなかったことで短期筋がショートカバーを進めた」という側面もありそうだ。
加えて、WEB討論会に登場したパウエルFRB議長がマイナス金利導入の可能性をあらためて否定したことや、トランプ米大統領による対中制裁措置についての言及が事前に警戒されていたほど厳しい内容ではなかったことも、市場でドル買い戻しの材料として捉えられた模様である。
 トランプ氏は、中国を強く批判する姿勢を露わにしながらも、米国が香港に認めている優遇措置を見直す手続きに入ると発表した以外の即時かつ具体的な制裁の中身にまでは踏み込まなかった。再燃した米中対立の行方について、かなり悲観的な見方を披露する論客も少なくはないが、もはや双方がともに後戻りできなくなるほど壊滅的な状況に追い込まれることを、本当に両国首脳は望んでいるのだろうか。
 米中対立が一段と先鋭化して行った場合に想定される両国の経済的なダメージは計り知れないほど大きく、それが現実のものとなれば両国の国民の不安と怒りは必ずや政府首脳に向けられることとなる。しかるに、そう易々と制裁カードを切ることができないことなど両国首脳は重々承知のことであろう。もちろん、一定の警戒は怠れないものの、いたずらに悲観に傾き過ぎることも慎みたいところではある。

 そもそも、世界の主要中銀はコロナ禍への対抗手段として、これまでに計6兆ドルにも及ぶリスク資産の買い入れを行ってきている。その軽視できないパワーを考えると、巷で耳にする「株価と経済実体のかい離」、「バリュエーション面からして株価は割高」などといった見解も説得力を欠く。まして、目下は世界中で経済活動を再開する動きが広がっており、少なくとも5月以降の各国の経済指標や景気データからは、数多くの改善を示す結果が得られることとなろう。
 むろん、先週大きく値を上げることとなった日経平均株価が今週は一旦調整含みの展開となることなどは一応想定しておく必要があろう。月替わりで米経済指標の発表が相次ぐ今週は、一時的に様子見ムードが強まる可能性もある。よって、今週もドル/円は方向感の見出しにくい展開となる可能性が高く、個人的には107.30-108.30円あたりのレンジ内の動きに終始するのではないかと考える。
 なおも市場のリスク選好ムードが引き継がれるとすれば、円売り圧力が強まると同時にドル売り圧力もやや強まりやすい。一方で、その強みが復活しつつある豪ドルの買いと円の売りが同時進行するならば、今週も豪ドル/円の値動きは大いに注目しておきたいところとなろう。豪ドル/円は、先週27日に21日移動平均線が89日移動平均線を上抜けるゴールデン・クロスを達成しており、週足ベースでは31週移動平均線を上抜ける動きとなってきている。なおも強気の展開が続いた場合は、まず62週移動平均線や一目均衡表の週足「雲」下限が位置する73円台半ばあたりの水準を試す可能性があると見る。
 なお、今週4日に控えたECB理事会では3月に導入した7500億ユーロの資産買い入れ枠を増額すると見る向きが大勢を占める。つまり、その点は「既に織り込み済み」ということになるものと考えられる。
(06月01日 08:40)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第712回 注目を続けたい豪ドル/円の値動き