クイック発注ボード基本操作

入金は会員専用サイトから行います。

1 クイック発注ボード画面右上の入金ボタンをクリックします。 入金のしかた画面 1

2 親ウィンドウに会員専用サイトのクイック入金画面が表示されます。

3 入金元の金融機関を選択します。 入金のしかた画面 2

4 入金先を選択します。 入金のしかた画面 3

5 入金元、入金先が正しく表示されているのを確認し、入金額を入力します。

6 クイック入金確認ボタンをクリックしてください。 クイック入金確認

7 手順3で選択した金融機関別に、入金手続きのためのウィンドウが開きます。画面の指示に従い入金作業を完了させてください。

ストリーミング注文の場合

1 通貨ペア数量を選択します。 ストリーミング注文画面 1

2 注文方法を「ストリーミング」に設定します。
ASモードを選択すると、注文方法がASストリーミングになります。詳しくは「ASモードとは」をご覧ください。
ストリーミング注文画面 2

3 新規・決済同時発注機能を使用する場合は、発注エリア右上の設定ボタンより設定画面を呼び出し、利食い損切りにチェックを入れ指値幅(pips)を設定してください。同時発注機能が設定されると、レート下に設定内容が表示されます。 ストリーミング注文画面 3

指値・逆指値注文の場合

1 通貨ペア数量を選択します。 指値・逆指値注文画面 1

2 注文方法を「指値・逆指値」に設定します。 指値・逆指値注文画面 2

3 売買執行条件注文レート
有効期限を設定し、発注するボタンをクリックすると指値注文が発注されます。
指値・逆指値注文画面 3

1 照会エリア建玉照会タブをクリックします。 決済注文をする画面 1

2 決済したい建玉の右端に表示されているチェックボックスをチェックします。 決済注文をする画面 2

3 建玉をチェックすると、発注エリアが決済モードに切り替わり通貨ペア数量に選択した建玉の情報がセットされます。
※このとき数量には、決済指定可能数量(=決済注文が設定されていないフリーの建玉数量)がセットされます。建玉を全て決済したいのに建玉の全量がセットされない場合は、「決済指値注文が発注された状態での決済方法」をご覧下さい。
決済注文をする画面 3

4 任意の注文方法を設定し、決済注文を発注してください。

1 照会エリア注文照会タブをクリックします。 指値注文を取り消す画面 1

2 取り消したい注文の右端にある注文取消ボタンをクリックします。 指値注文を取り消す画面 2

3 取り消す内容に間違いがなければ、この注文を取り消すをクリックします。 指値注文を取り消す画面 3

- 確認画面を表示せず、ワンクリックで注文を取り消すことも可能です。その場合は、注文確認画面次回以降、確認画面を表示しないをチェックした状態で注文を取り消すか、設定画面注文取消に関する確認画面を表示するのチェックを外すと確認画面を省略して発注が可能です。 指値注文を取り消す画面 4

マネーパートナーズのオリジナル注文方法「ASストリーミング注文」を使用して取引するモードです。
ASストリーミング注文とは、建玉と反対の売買注文が発注された場合、事前に選択した決済ルールに従い自動的に決済注文として執行される注文方法です。
画面を切り替えることなく注文を発注できるのでスピーディな取引が可能です。
ASモードとは画面 1

ASモード時の建玉の決済ルールは、設定画面から選択可能です。 ASモードとは画面 1 新しい建玉優先…約定日時が新しい建玉から順番に決済します。 古い建玉優先…約定日時が古い建玉から順番に決済します。 利食い優先…取引単位あたりの利益額が大きい(または損失額が小さい)ものから順番に決済します。(スワップは計算に含みません。) 損切り優先…取引単位あたりの損失額が大きい(または利益額が小さい)ものから順番に決済します。(スワップは計算に含みません。)

建玉全量に決済注文が指定されている場合、ストリーミング注文以外では既存の決済注文を取り消さなければ建玉の決済を行っていただけません。

- ストリーミング注文のみ、決済注文をキャンセルするをチェックすれば注文の取消とストリーミング注文を同時に行えます。ストリーミング注文が成立しなかった場合、既存の決済指定注文は保持されます。 決済指値注文が発注された状態での決済方法画面 1

- 指値・逆指値注文で決済を指定する場合は、注文紹介タブより既存の決済注文を取り消してください。 決済指値注文が発注された状態での決済方法画面 2

loading