FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

10年連続 約定力第1位を達成!

公開日:2019年01月04日

株式会社 マネーパートナーズ(代表取締役社長:奥山泰全、本社:東京都港区、以下「マネーパートナーズ」)が提供する「パートナーズFX」が、株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝、本社:中野区、以下「矢野経済研究所」)が実施した主要FX会社7社へのFXサービスパフォーマンステストにおいて、唯一、スリッページ発生数0件、約定拒否発生数0件という結果を記録し、「スリッページしない約定率」第1位となったことをお知らせいたします。
本調査の結果を受け、マネーパートナーズの約定力は10年連続第1位を獲得いたしました。

10年連続 約定力第1位を達成!

◆約定力とは

スリッページや約定拒否が発生せずに、お客様の意図するタイミングと価格での取引ができる力を指します。

◆スリッページとは

実際に見て注文した価格と、異なる価格で注文成立することをいいます。

◆約定拒否とは

注文をしても、約定しないことをいいます。本来得られる利益を失ってしまったり、損失が大きくなることがあります。

マネーパートナーズは、代表の奥山をはじめ、個人投資家にとって注文がスリッページせず約定することが大切であることを理解しており、今回のFXサービスパフォーマンステストにおいて10年連続となる約定力第1位の調査結果を頂いたことを大変光栄なことであると考えております。
今後も、お客様からの信頼を第一に考え、個人投資家の目線から更なる利便性向上と取引環境の改善を図り、よりご満足いただけるサービスの提供に努めてまいります。


【調査要綱】

(1)調査の目的
・主要FX会社における、FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査
(2)調査日程
・2018年12月17日(月)から12月18日(火)の2日間  
(3)調査時間
・米ドル/円:日本時間の20時~21時の1時間程度 
(4)調査対象通貨ぺア
USD/JPY 
(5)調査対象
・矢野経済研究所「2017年版 FX(外国為替証拠金取引)市場の動向と展望」より
2016年度(2016年4月~2017年3月) の有力企業のうち任意に抽出した7社を選定
(6)調査の方法
・Web版の取引ツールを使用
・マーケット注文(ストリーミング)で、買(新規)⇒売(決済)を繰り返す
・1日50売買の100約定×2日=200約定
・発注単位は1万通貨単位
・スリッページ許容設定を、「1pip」に設定
・調査の精度を向上させるため、同スペックのPC、インターネット回線を使用
・マネーパートナーズは「パートナーズFX」を使用


このページの先頭へ