ドライバーズコメント2017.Round 1 OKAYAMA

予選
5位
決勝
19位
DRIVERS COMMENT織戸 学

岡山ではメルセデスの速さが際立っていたが、僕らも十分に表彰台を狙えるレースを展開できた。しかし 4 周目にホイールが緩むトラブルにより緊急ピットイン。その際に周回遅れになり厳しい環境の中レースを諦めずに進めた。
後半の平峰選手は今後のタイヤの方向性確認を行い、今後の確実なデータを得ることが出来た。とても残念なレースになったが、次戦富士では必ず今回の悔しさをバネにチームと優勝を目指したい。

DRIVERS COMMENT平峰 一貴

フォーメーションラップから GT500 クラスによるトラブルが多発して、誰もが驚いている中、チームは何が起こっても対処出来る様に常に冷静を保っていた。
そして決勝スタートとなり、僅か数周でトラブルが発生し織戸選手はピットイン。「開幕戦から何故!?」という気持ちだった。とても歯がゆい気持ちだったが、次戦へ向けてのデータ取りを進め、最後まで自身の仕事をやり通した。悔しい気持ちをバネにして、次戦も優勝を獲りに全力で戦いたい。