FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外国為替古今東西

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第117回 「もう一回、発想の転換を」

2015年06月01日

株式会社マネーパートナーズホームページ寄稿 2015年6月


 去年の暮れからこう着していた円ドル相場がまた円安に動いている。表向きの解説は、イエレンFRB議長が「年末迄のいずれかの時期に」金利引上げがありうると言明したからだと云う。しかし、これはどうも余り説得力がない。そもそも年初には「6月引上げ確定」という観測が一般的だった。ところがその後、米国景気回復力がそれ程強くないという懸念が拡がり、最近では9月引上げ説が勢いを増していたところだった。だから、イエレン発言は、米国金利早期引上げの可能性を高めるものでは全くなかった筈である。


 一方、とくに日本のメディアには今回の動きが「ドルの独歩高」だとする傾向が見えるが、これも正確ではない。このところ基調的にドルが強いのは確かだが、今回の円安と軌を一にしてユーロ安が進んでいるわけではない。その意味では、ドル独歩高と云うよりは円独歩安のほうが事実に近い。


 それでは、円に何か特別の弱気材料があるかと云えば、それも無いだろう。アベノミクス、とくに構造改革政策の進捗について、内外で懸念や不満があることは変りないが、同時に、たとえばコーポレート・ガバナンスの改善については、積極的な評価があることも事実である。


 こう考えると、最近の新たな円安の動きはどうも海外の投機筋の仕掛けの匂いが強い。昔から、海外の為替投機筋は、「他にすることがなくなると、円で遊ぶ」と云われてきた。それは裏返せば、円ドル相場の変動に弱い日本の市場の体質を揶揄したものでもあるが、事実今迄何度となく海外の投機筋はこの円遊びで稼いでいたことは確かである。


 それに乗せられて結果的に大損をこいた人に同情する必要はないのだろうが、日本経済再生の過程で円安が果たす功罪については真剣に考えてみる必要はあるだろう。一層の円安で一部企業の収益が更に増加し、株価は一層上がるだろうと云う。しかし、今年になって円ドル相場はフラットだったのに、株価は上昇し続けた。株価は別のロジックで動いていたのである。円安で輸出が増加し、成長が高まるという期待は残念ながら全く外れてしまった。円安になれば輸入物価が上昇し、一般的消費者物価も高まるから、消費者の期待インフレ率も向上するという推理はその通り働いている。しかし、名目賃金の上昇が、企業の自画自賛にもかかわらず十分でないため、実質賃金は2年近く下落し続けている。これでは家計消費がふえる筈がない。円安でもうけた企業の手元資金はふえ続けているが、設備投資は一向にふえない。ひところ囃された生産の国内回帰もパタリと聞えなくなった。


 アベノミクスが非常に大事な局面にさしかかっていることは確かである。緒戦における戦術は正しく、大成功だった。だが、最初から十分判っていた通り、アベノミクスの一番重要な要素は、緒戦における「期待の変化」の効果を「実体経済の改善」につなげる「伝達機能(トランスミッション・メカニズム)」なのである。


 日本経済は今まさにその難しい局面に入っている。われわれは緒戦において、歴史的な発想の転換によって成功した。第二の局面でも発想の転換が必要なのである。それはもう日本銀行だけの仕事ではない。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 行天 豊雄(ぎょうてんとよお)
    1931年生まれ。55年東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。プリンストン大学留学。国際通貨基金、アジア開発銀行に出向、国際金融局長、財務官などを歴任。89年退官後、ハーバード大学、プリンストン大学の客員教授を経て、92年から96年まで東京銀行会長。95年12月に国際通貨研究所初代理事長となる。2016年10月より同研究所の名誉顧問に就任。98年には小渕首相の助言役として内閣特別顧問を努めた。著書には「富の興亡-円とドルの歴史」(東洋経済新報社)など。

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXについては、受渡取引に限り、1通貨単位あたり最大0.40円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外国為替古今東西 > 第117回 「もう一回、発想の転換を」