FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外国為替古今東西

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第126回 「幸せな日本」

2016年03月01日

株式会社マネーパートナーズホームページ寄稿 2016年3月


 世界中が景気後退の再来に脅えている。ロシアとかブラジルなどの特定の国を除けばそれ程危機的な情況にあるとも思えないが、メディアや国際機関は声高に警鐘を鳴らして、国際的な協調行動がとられないと世界全体が不況の淵に沈まんばかりの形相である。


 何とない不安感が広がっていることは事実である。その原因は今日の世界経済にはたしかに見通しの定かでない出来事が数多く存在しているということだろう。曰く、昨年12月に始まった米国FEDの金利正常化のプロセスは今後どうなるのだろう?曰く、米国金利が上昇すれば途上国から資本が流出してしまうのではないか?曰く、原油価格はどこ迄下落するのか?曰く、中国経済は急減速して世界中が需要不足になるのではないか?曰く、人民元が大幅に切下げられて、世界的な通貨戦争が始まるのではないか?曰く、欧州の金融機関は破綻するのではないか?等々である。


 これだけ問題があると、一つが改善しても他が悪化するという繰返しで、何時迄経っても空は晴れない。世界中のムードが暗くなるのである。


 一つ忘れてならないのは、今日不安材料と云われる出来事はその殆んどが明暗両面を持っていることである。米国の金利引上げは米国経済の健全な回復の反映である。原油価格の下落は消費国、消費者にとって大きなプラスである。中国経済の減速は懸案の構造改革進展の反映である。だから現在の事態の好悪を査定する時は何時も複眼的視野を持つことが必要である。


 それにしても、日本人の経済観と云うのは国際的に見ると一風変っているなと思う。アベノミクスは悪戦苦闘している。日銀は釈迦力に頑張っているが成果は芳しくなく目先はマイナス成長に陥ってしまった。当然メディアや識者からは批判の声が上る。そしてそこに共通しているのは、「成果が上らないのは、第三の矢である成長戦略(構造改革)が進んでいないからだ」と云う主張である。そして、その声にもかかわらず、政治的対応が十分でないのは内外の認めるところであろう。国民が本当に成長の加速を求めるのなら、国民は政治に勇気と実行を迫らねばならぬ筈だが、国民は政治にきわめて寛容であり、不平不満は云うが内閣支持率は下らない。


 実質賃金が低下し続けていて消費がふえる筈はないではないかと誰もが云う。それなら最高益を謳歌している企業経営に賃上げを要求したら良いではないかと思うが、今日の日本ではストライキはおろかデモすら見かけない。おどろくことに、労働組合が賃上げを「自粛」している。


 こういう有様を見ると、日本人は日本経済の成長を本当に望んではいないのだと思えてくる。それでは成長する筈がない。幸せな国民である。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 行天 豊雄(ぎょうてんとよお)
    1931年生まれ。55年東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。プリンストン大学留学。国際通貨基金、アジア開発銀行に出向、国際金融局長、財務官などを歴任。89年退官後、ハーバード大学、プリンストン大学の客員教授を経て、92年から96年まで東京銀行会長。95年12月に国際通貨研究所初代理事長となる。2016年10月より同研究所の名誉顧問に就任。98年には小渕首相の助言役として内閣特別顧問を努めた。著書には「富の興亡-円とドルの歴史」(東洋経済新報社)など。

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXについては、受渡取引に限り、1通貨単位あたり最大0.40円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ