FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第657回 2016年4月28日~5月11日までの為替見通し
為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第657回 2016年4月28日~5月11日までの為替見通し

2016年04月28日

  (ゴールデンウイークで一週、コラムが飛びますが、特筆すべきことが起こったときは営業日ベースで一本、上梓するかもしれません。よろしくお願いいたします。木村佳子)


 リーマンショックの余波で多くの人が大なり小なり何らかの損失をかこっていた時、相場変動でトレード収入が上がり、一人勝ちの様相になっていたアメリカの大手金融機関・ゴールドマンサックス。ところが今年、1-3月の決算では60%もの減収減益、収入は-40%という大苦戦に苦しんでいます。

 また相場が大きく動けば利益を獲得できるかもしれませんが凪相場では本領を発揮できないようです。

 今日4月28日は日銀政策現状維持の発表があるや、為替が一気に2円も動き、午前と午後では株式市場も様変わり、という激しい相場展開がありましたが、このような大変動でデリバティブで稼ぐのが外資大手の得意とするところではないでしょうか。

  ゴールドマンだけでなく、世界の運用機関の中に、変動こそ大歓迎、と減収減益に苦しみながら、「大荒れ」を望んでいる主体がいるのではないかと思います。

 そうした大手主体にとってイベントは恰好の仕掛けどころかもしれません。

  日銀がマイナス金利第一弾を打ち出した時も、相場は大きく動きましたが、今日のような見送りでも大変動となると、FOMC、日銀の政策発表内容にかかわらず、これから指標イベントデーを狙った大変動がまた、起こる可能性がありそうです。

 おりしも、外国人投資家は日本株においてマザーズ銘柄を買い越し。一部二部株よりもマザーズにシフトしている模様です。マザーズはご存知の通り、変動幅の大きい展開となりがちです。

 六月決算を前に何とか儲けて夏休み、という路線も考えられます。もともとマザーズが動くと、相場はそろそろ、手詰まり感台頭ともいえるので、この先も為替、株とイベントデーには要注目です。

 そこに地震災害や個別株の不祥事が続くうえ、5月10日にはパナマ文書の日本企業、個人名発表などと報道されています。伊勢志摩サミットがあるから、と、楽観シナリオ一辺倒はリスクですね。


 チャート分析では、ドル円で108円割れの様相が色濃くでています。106~103円もあって不思議ではないパターンになっていますので、動向を見守りたいところです。

 ちなみに元日銀政策委員の中原伸之氏は110-107円あたりがまずまず居所のいい水準とし、もっとドル安円高傾向が出たときは、対策も必要だが100円を割れるようなことはないとブルームバークのインタビューに答えておられます。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-26/O68AMX6JTSE801


 この記事にある「アメリカの具合の悪さ」に触れた部分に注目です。アメリカの風邪は日本の肺炎とすれば、今年から来年にかけて何らかのリスクシナリオが顕在化するのではないかと思います。それが大統領選挙なのか、日米の金融政策なのか、ブラジルオリンピック後のブラジル経済なのかは今のところわかりません。


  しかし、まだこの先に大きな変動=リスクがあると意識していれば損失回避のトレーディングにつなげられると思います。



●ドル円

上値抵抗111.678

均衡109.951

下値支持107.668


●ユーロ円

上値抵抗124.281

均衡123.430

下値支持120.127


●豪ドル円

上値抵抗84.774

均衡83.064

下値支持79.467

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXについては、受渡取引に限り、1通貨単位あたり最大0.40円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第657回 2016年4月28日~5月11日までの為替見通し