FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第744回 2018年2月8日~14日までの為替見通し

2018年02月08日

 数日前、NYダウ工業株30種平均株価の急落を受けて、日経平均株価もぐらつきましたが、今年は天候や自然現象に限らず、マーケットや世相も振れ幅が大きいものになりそうですね。
 1月26日、ニューヨークダウは高値26616.71から2月6日にザラバ安値23778.74まで下落。3000ドル近く下にブレたわけですが、日足で見ると翌日は陽線で戻し、その翌日はクロス(寄りと引けは変わらず)という展開になっています。
 しかし日本では陰線が4日続けて出て、戻りは鈍く、この動きから推定すると2カ月程度、調整する可能性もあるかと思います。

 背景としては高値利確のタイミングを見ていた投資家が、アメリカの強すぎる経済指標による利上げ促進懸念やイエレンFRB議長の任期満了による今後の見極め、といった点からの利確行動が急落を引き起こしたと見るのも一つ。
 が、数日前からVIX指数連動型のETFに動き出ていたので、多分に人工知能の指し手による波乱、さらにアルゴリズムによる増幅など、「ソフトウエア絡み」、いわば人工的な市場展開であったといえるかと思います。

 今回、見たような値振れ、今後も再々起こると思いますので、リスク管理は怠れません。
「一体どうやって? 」という点を考えてみましょう。
 人工知能、アルゴリズムは人間の認知能力の間隙をついてきます。
 急落が起こる前の状況を思い起こすと
 ・過度な楽観論が蔓延していた
 ・専門家の多くが同じような楽観論に寄っていた
 ことが思い出されます。

 上記の傾向から
 ・異端を言える空気が減少
 ・投資家の多くは恐ろしく儲かっており、含み益を眺めて弛緩していた(油断発生)

 人工知能はこうした状況を作って、「逆」を指してくるわけです。
 したがって、今後も、
 不思議なくらい楽観が蔓延し、異端意見が見られなくなり、幸せなトレンドや均衡がこの先もずっと続くかのような状況に陥った時が危ない、といえます。
 「では、今はどういう状況なのか」ですが「懐疑期間」ではないでしょうか。
 臆病風に吹かされて、戻れば売り、戻れば売りしているうちに市場はトレンド転換し、また、「心配しているほうがおかしい」という楽観論に引きずり込まれていくのです。

 「人のうわさも75日」という程度の日柄が必要なので、今は懐疑期間だと思うわけです。

 このセオリーは為替にも使えそうです。目下、110円方向に戻りそうで戻らない、かといって108円から下に突っ切るのかというとそれもない。

 しかし、こうした「小動き」もどこかで、ズバーンと上か下に突っ切ると思われます。

 そのきっかけが株式市場発なのか、平昌オリンピックをきっかけとした各国首脳の顔合わせ等、国際問題発なのか、あるいは各地で頻発する自然災害発なのかはわかりません。
 が、株式の次は為替かもしれない、との注意はしておきたいですね。

 トランプ大統領は軍事パレードの実施を指示。それに対し、民主党は「まるで北朝鮮みたいだ」と反発しているそうですが、「我慢の外交でアジアでの地歩を後退させたオバマとは違う路線」を行くトランプ氏の意図は国威の向上にもあると推察します。
 ちなみに金価格は現在のところ、有事を示唆していません。かといって、平和そうだから為替変動が平板とはいえない難しさがあります。人間の「うっかり」に乗じて突いてくる人工知能の仕掛けに油断せず、くれぐれも気を付けたいものだと思います。


今週の為替予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗110.337
均衡109.689
下値支持108.446

●ユーロ円
上値抵抗 136.048
均衡135.304
下値支持133.073

●豪ドル円
上値抵抗86.172
均衡85.275
下値支持84.132


※当コラムは毎週木曜日の更新です(木曜日が祝日の場合は休載となります)。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替の話・トレンドを掴め! > 第744回 2018年2月8日~14日までの為替見通し