FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第859回 2020年5月28日~6月3日までの為替見通し

2020年05月28日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗109.094-109.250
均衡108.423-107.717
下値支持106.354-106.744

●ユーロ円
上値抵抗120.174-119.893
均衡118.897-117.792
下値支持116.792-117.381

●豪ドル円
上値抵抗②73.194 
上値抵抗①71.943
均衡゜70.570-70.081
下値支持 68.859-69.150


 年初より世界的な影響となった新型コロナ感染症ですが、日本では緊急措置が全面解除となり日常を取り戻すための取り組みが始まっています。2か月も経済活動を止めた新型コロナはこの世に壮大なデータを残しました。
 すなわち、人々がどういう対象に恐怖を感じるか? 感染リスクを避けるために施政者は何をすればいいのか? そして人々の行動と消費動向はどう変化していくのか?
 我が国の経済産業省はすでに2018年12月にデジタルトランスインフォメーションに関するガイドラインを策定しており、それが今、アフターコロナの新しい仕事と生き方という潮流に乗ってテレワーク、クラウドなどとして推進されつつあります。穿てば出来過ぎの印象があり、国民の多くが経済的制約に苦しめられているときに、一体だれが潤うのか?と考えさせられます。

 新型コロナ感染症はワクチン国家主義ともいうべき、開発競争も引き起こしています。2019年10月19日開催されたジョン・ホプキンス大学のフォーラム21ではすでに新型コロナ感染症についての論議がなされ、同大学やWHOに多額の寄付をし2015年のTEDでコロナウイルスの画像を出して、講演をしていたビルゲイツ財団のビルゲイツ氏は7系統もの決め打ちワクチン製造ラインを突貫工事で進めているといわれます。
 わが国でも異例の速さで承認されたアメリカ企業ギリアドサイエンシズの新型コロナ感染症治療薬「レムデシビル」に対し、イギリスの権威ある医学雑誌ラムセットで中国研究チームが早々とレムデシビルは効かないという論文を発表。それでダウ工業株30種平均株価は下がったりしました。
 その中国では特許が切れて自由に作れるアビガンをこれからインフルエンザの季節に入る南半球にマスク外交の流れで一帯一路推進材にしようとしています。
 北半球で二次感染が襲来する可能性が高そうな晩秋には中国と対峙姿勢が鮮明なトランプ現大統領と親中派と言われる挑戦者バイデン氏の大統領選挙が行われます。
 バイデン氏が勝てば、アビガン外交推進も快調でしょぅし、アメリカの親中国的な施策が期待でき、膨大な利益が得られるとあれば中国にとって外せない選挙であることでしょう。

 しかし、こと持続可能支援資金に関しては闘いの結果責任は当事者ならぬ各国民が負うのは疑う余地がありません。
 新型コロナ感染症でばらまかれた空前絶後の各国予算の原資は国民の税金です。新型コロナ感染症で勝つか負けるか五分五分の勝負をする人たちとタックスペイヤーという観点から100%従属する各国国民。サイレントに物事が進んでいるのは感染恐怖ゆえでしょうか。為替レンジも国民同様、羊の沈黙のような状態が続きます。さて、どこに活路を見出すか、新型コロナ騒ぎ以外の論点待ちといったところでしょうか。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会