FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第903回 2021年4月22日~28日までの為替見通し

2021年04月22日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗109.248
均衡107.999-107.124
下値支持106.045

●ユーロ円
上値抵抗①132,325
上値抵抗②129.624
均衡128.124
下値支持①126.992
下値支持②123.944

日柄や理由はわかりませんが、チャートパターンから、ユーロが大きく動く可能性を意識したいと思います。


●豪ドル円
上値抵抗86.012
均衡83.604-84.065
下値支持81.918


 4.16バイデン・菅会談で菅さんはずいぶんな応対をされたことが話題となっています。まず、諸外国で初めての外国要人として訪米した菅総理をホワイトハウスでは誰も出迎えに出てきませんでした。トランプ・安倍会談の時とはまったく違っています。

 ようやく姿を現したのはハリス副大統領はしょっぱなのあいさつでお世辞にもその場にふさわしくない国内問題を話題にしたそうです。外国要人の出迎え場面で初対面にそんな話をする? レベルの内容だったと伝えられています。
 始まった会談時に米軍機が大音響を立てて通過。
 さらに夕食会を希望したわが国に対し、ハンバーカー一つのランチしかもてなしがなかったそうです。
 菅総理の趣味はゴルフであるにもかかわらず、翌日バイデン氏は菅氏を置いて、仲間とゴルフに出かけてしまい、ファイザー側との面談もリモートだったそうです。解散を意識する菅さんにはファイザーとの会談写真があったに越したことはなかったのに、ずいぶんな対応ではないですか。トランプ氏が続投していたらあり得ないもてなし方です。

 そのあとのバイデン氏の行動は「どうだ、私のスタンスを推して知ってくれ」といわんばかりに4月22日、23日に地球温暖化・気候対策会議を主催。これに中国習氏も間髪を置かず参加を表明。
 4.16バイデン・菅会談の対応を見て、習氏はバイデン氏の考え方や政策を確認し、参加を決めたのだと思います。
 およそ8000万人もの米国民に支持された前大統領トランプ氏の対中強硬政策とは違い、バイデン氏は中国との分断を修復したいのだ、だから尖閣で対中強硬対応をしようとしている日本を呼びつけ、冷遇したのだ、という意思表示を習氏は評価したのでしょう。

 とはいえ、米議会は上下院とも「中国への警戒感」が非常に強いのは知られるところです。バイデン政権では重要なポストにオバマ時代の人脈が多いことから第三次オバマ政権とも揶揄されます。当時、オバマ氏は「戦略的忍耐」という名のもとに中国の南下を問題視しませんでした。こうしたことを踏まえると、バイデンのアメリカでは、日本側にはつかないよ、というメッセージなんだろうと思います。

 ところでバイデン氏は中国への親中度アピールのためだけに日本に冷たい処遇をしたのでしょうか。
 アフガン米軍撤退の背景には石油価格にまつわる利害調整、あるいはアジアに力を集中させるため、などいろんな見方ができそうですが、中国と連携していこうとするバイデン氏の裏をかいて、台湾の危機は沖縄の危機、その2つを死守しなければアメリカ落日となる。そう危惧するアメリカ安全保障やそうした緊張でこそ需要が生まれて好都合という危機対応型商業にウインクしたのかもしれません。

 日本の国会では連休明けを見据えて改正国民投票法を前進させることができるかどうかの瀬戸際に立たされています。

 となると連休前後に為替を揺るがすような事態の発生があり得るのではないか。4.16バイデン・菅会談に続く4.22-4.23バイデン・習氏気候変動会談、の意味するところを考えたとき、ダブルスタンダードのバイデンさんの背後にいる存在が意識されます。
 菅さん冷遇の意味は「結果を出せ」というメッセージであり、菅さん冷遇を「親中」ととらえる習氏の油断を誘う意味もあり得るかもしれません。すると、ハンバーガー一つの鞭の意味は改正国民投票法の成立ではないか。何らかの出来事の後、その流れを受けて菅さんが国会会期末を待たず、解散・選挙にでる流れとなる可能性も考えてみるべきかと思います。

 選挙となったら株価は「結果を知るまで動けるだけ動く」習性がある点で面白くなります。為替は「何事か」の発生で円高化。そして6月11日メジャーSQ、外資決算の流れの中での踏み上げというコースかもしれません。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会