FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第912回 2021年7月1日~7日までの為替見通し

2021年07月01日

次の更新までの各通貨の予想レンジは以下の通りです。

●ドル円
上値抵抗111.956
均衡110.875
下値支持109.823

●ユーロ円
上値抵抗132.168-132.918
均衡130.315-131.940
下値支持129.079-129.372

●豪ドル円
上値抵抗84.278-84.127
均衡83.519
下値支持82.003-82.872

 7月には日銀金融政策決定会合が15-16日、そしてアメリカの金融政策を決めるFOMCが27-28日に開催されます。

今月はユーロ圏、アメリカの金曜政策決定会合が先行するパターンと違うため、日銀の政策が変わらないなどの要素が出たとしても、油断しているとそのあとに開催されるFOMCで想定外の政策変更があって為替も株価も動く可能性に用心したいですね。

そもそも7月は六月末が四半期〆月、前期後期の端境期明けなので変化で稼ぎたい立場の方たちにとってサプライズは大歓迎というところでしょう。9月に利上げをサプライズで7月に前倒しとならないか、注目したいですね。

アメリカでは感染症対策が進み、経済が好調。
インフレ抑止の必要があるとの連銀総裁の発言が相次ぎ、7月金融政策変更もあり得ます。
しかし、議長であるパウエル氏は現状を大きく変えることには慎重ですね。

そこでこういう見方もできそうです。
米国債販売のアナウンス効果を狙った口先介入の可能性です。
即ち金利があげられるほどに経済が回復しているアメリカへの投資を呼び込むためには連銀総裁の強気発言が効果的、というわけです。

タカ派発言でドル高トレンドが実現すれば、投資マネーのアメリカ流入がスムースに。
ドル資産で経済が弱っている国の資産を買うにも好都合。

ドル高が折に触れ実現すると強いドルでの輸入は米国内インフレ傾向を押さえます。
即ち、連銀総裁のタカ派発言はまわりまわって米国のインフレ抑止に効くのです。
パウエルFRB議長は「あえて今、大きく政策変更はしない」という立場をとりマーケットの過剰反応を抑えている。うまい金融政策だと思います。

日本の景気はワクチン供給が滞っている自治体もあるため、アメリカのようにはいきません。インバウンド目当てに設備投資していた経済人にコロナ禍が直撃し、1日発表された日銀短観が示すように業種で好況不況、苦境の偏在があります。

日本の消費現場では明らかに生鮮食品とエネルギーの高騰が家計に響くインフレ状態になっていますが消費者物価指数は値上がりしている品目の多くを調査対象外として外しているため、デフレ脱却モードのままです。

数字に表れないインフレで生活に苦しむ人の比率は増加し、五輪後、感染再拡大が起これば時短要請が出て、またも経済活動を阻害します。よってオリンピック後の不況の角度は鋭くなると思われます。
すると資産を手放さざるを得なくなる立場の人も増加しそうですね。そこを強いドルで弱っている日本資産の買収に動く立場が有利になる仕掛け。

ドミノ倒しといいますか、うまい仕掛け、シナリオです。
まだ、その流れは始まったばかり。よって中長期でのドル高トレンドは今週のレンジ以上に進むとみています。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会