FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替の話・トレンドを掴め!

最新の記事

第915回 2021年7月29日~8月4日までの為替見通し

2021年07月29日

各通貨の8月4日までの予想レンジは以下の通りです。

◆ドル円
上値抵抗110.665
均衡109.862-109.071
下値支持108.863

◆ユーロ円
上値抵抗132.758
均衡130.537-129.642
下値支持128.954-126.397

◆豪ドル円
上値抵抗82.929-81.572
均衡80.867-80.084
下値支持79.686


世界的規模のイデオロギー対立が経済社会に不透明感を広げています。14億人の人口を持つ大国中国を経済成長軸としてうまく利用していこうとする勢力は中国と親和的であろうとします。

「弱い振りして100年マラソンを走っている国」として「騙されてはいけない」と警戒する勢力は中国をなんとかコントロール可能な状態に置くべく、「圧」をかけようとしているかに見えます。

人権問題を理由として冬季五輪開催地変更、商取引規制、上場において中国企業の排除など経済面での締め付けやWHOによる感染症発生源第二次調査団の受け入れ要請など、中国強敵国の警戒感から発生している「圧」と思われます。

もちろん、対立が激化すれば儲け最大化を狙う軍産共同体には商機です。加えて、いずれのスタンスでも儲けられるよう、二股掛け、ダブルスタンダードのポジショニングをとっている可能性もあると思われます。

今後、中国を市場とみて先進国が利益最大化を企画しその実現に向けアプローチが続くか、敵とみなして対立で儲けていくか、目が離せないところです。

核心的オバマ人脈の一人、戦略的コミュニケーションが得意分野であるシャーマン国務副長官が日本、韓国、北朝鮮、中国を相手に外交を繰り広げていますが、北朝鮮は「巻き込まれたくない」とばかりに対外強硬路線から転換。

日本はどちらかというとオバマ人脈とは一線を画すマクロン仏大統領と東京五輪開会式でどのような意思疎通があったのか、憶測の域を出ませんが、わが国の菅首相と同じようにフランス国内から突き上げを食らっている点から、中国に親和的に接しようとしている側かと推察します。日本、フランス政権に共通しているのは国内に首相に対する「アンチ」行動が激化している点です。
イギリスVSフランスの観点では、イギリスは中国警戒派かと思います。中国をコントロール可能な状態にするには「圧」が必要。
その「圧」を何にするのか、2022年2月の北京冬季オリンピックまでの間に中国をめぐる各国の外交合戦はまだまだ激しい綱引きが続きそうです。

とはいえ、プーチンのロシアも習近平の中国も、そして金正恩の北朝鮮も「ホントのホント」の実態ははっきりしません。

資産運用の世界ではVIX指数や為替、株式市場のボラテイリティ発生装置としての役割以外の真の姿が見えてこないところがミソ。

マーケット参加者はいわば大人の遊園地に放り込まれたようなもの。
あるときは楽しいアトラクション、そしてある時はお化け屋敷に導かれ「幸福感」と「恐怖感」を味わううち、いつの間にか絶叫マシンに乗っており、着地した時にポケットを探ったらコインがなくなっていたという展開に注意したいものです。

遊園地から早めに出るか、遊園地を運営している側を研究するか、資産形成に有効な方法を身に着けるに越したことはありません。

 中国とどう付き合っていくことになるのか、ビックマネーはどう結論していくのか、まだ綱引き途中と思われます。観察しつつ、トレードに励みたいものです。



さて、今回を持ちまして、当コラムは掲載終了となります。
読者様に置かれましては2003年以来、18年間の長きにわたりご愛読いただきまして大変ありがとうございました。
ドル円を中心に各通貨の予想レンジを毎週俯瞰することで投資全般に大きなヒントが得られることを身を持って知ることができました。
外貨投資、FXトレードの魅力は尽きることがありません。これからも研究を続けたいと思います。
皆様の資産運用がますます好展開となりますよう、ご祈念しております。ありがとうございました。


テクニカルアナリスト 木村佳子

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 木村佳子(きむらよしこ)
    ・経済評論家 (専門分野)個人投資家向けの資産運用、投資情報分析。 ・日本IRプランナーズ協会CIRP(同協会 理事) ・日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/ ・国家資格/一級FP技能士 ・国際テクニカルアナリスト連盟認定MFTA ラジオ日経社において個人投資家向け経済情報番組のキャスターを担当。現在、経済アナリスト、資産運用アドバイザー、評論家として活躍。経済誌、マネー雑誌等で執筆機会が多く、国内外で講演。公的機関、大学などで講師も務める。多摩大学大学院経営情報学研究科博士課程前期終了・経営情報学修士MBA。2015年、早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA/フアイナンス修士)。 【公式HP:木村佳子のマネープラン※当社管理外のサイトに遷移します】


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会