FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第204回 ~リスクオフに飽きた市場~
為替大観

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第204回 ~リスクオフに飽きた市場~

2016年07月13日

 昨日までの2日間で100.55円から一気に105円直前まで上昇したドルの強さは本物か、考えてみたい。さすがに今日(7/13)はスピード調整のように反落し、一時103.93円までドルは売られた。しかしすぐ104円台に戻したことは極めて重要なポイントだ。104円台はBrexit前にでもみ合っていた水準。ここから105円台へ上抜けるか、また102円台に逆戻りするか、ドル円の方向性についてのセンチメントが変わったかどうかを判断する重要な水準になっているからだ。


 今回のドル反騰は、これまでの不安=というよりしばらく回復は難しいとあきらめに近い心理=から、世界情勢は好転し、ドル円も底を打ったのではないかとの気持ちに変わったことで起こったと考えている。それはまず先週末の米雇用統計から始まった。結果から為替面では反応が薄かったが、NY市場で市場最高値を更新するなど、世界的に株式市場で好感されたことは大きい。


 ヘッドライン(28万7千人という予想をはるかに超える雇用者数)は、本来は米景気回復期待からドル高になっていい数字だが、これは材料視されず、逆にマイナス要因(前月の下方改定、賃金の伸びが前月比では縮小、失業率の上昇)から利上げ後退論が高まったことが、株式相場に追い風となった。連れて日本株も株高になりドル円をサポートした。


 そして同時に参議院議員選挙で安倍政権が信任され、大型財政出動の期待が高まったことから株式相場の大幅上昇を呼び、合わせて、日銀の追加緩和の期待も高まった。折しも元祖ヘリコプターマネーのバーナンキ前FRB議長の安倍、黒田会談も憶測を呼んだ。「日銀にはまだできることがある」との発言は、間違いなく追加緩和の下地つくり、と受け取られる。


 次いで、英国首相が予定より1か月半も前倒しで決定されたこともリスクオンへの転換を後押しした。今後のEU離脱交渉には、かなりの紆余曲折があるだろうが、英国のリーダーがはっきりしたことで、これまでの不透明要因が薄らぎ、ポンド高(円安)を演出した。


 市場全体が、リスクオフによりキャッシュ(あるいは売り)ポジションが高まっていたところに、不安解消となる材料が続いたため、投資家は急いで買い戻しに走り、ドル円は大きく上昇した。個人的には、このセンチメントのシフトはこれまでになく力強いものと感じる。


 テクニカルでみても市場心理の変化が読める。昨年6月5日にアベノミクスのドル円最高値(125.86円)を付けて以来、初めて2日続けて2円以上ドル高になった。1日で2円以上ドルが上昇した日は今年に入って3回あった。日銀がマイナス金利導入を発表した1月29日(118.24円から121.69円)、それに3月1日(112.15円から114.18円)、と4月22日(109.25円から111.81円)である。しかしどれも翌日にはドルは下落した。


 しかし今回は、2日続けて2円以上のドル高となった。それに短期の移動平均線(21日線103.09円)が、6月1日以来初めて昨日のNY終値で上抜けした。ただ、まだトレンドは下方向であり、中期線(89日移動平均)も108.15円とかなりのドル高水準であり、完全にドル高方向にシフトしているわけではない。しかしこれまでのリスクオフ一色の市場心理からは少しづつ抜け出しているような気配である。


 今後は、各国のファンダメンタル指標や、米国企業の4-6月期業績発表を横目に、ドル円の下値固めが進んでいくものと予想している。今後1週間のドル円の相場レンジは103.50円-105.50円と予想。ユーロは、イタリアなどの南欧金融機関の経営不安を受けて軟調に推移する可能性があり、対ドルでは、1.0900-1.1150、そして対円では113円-116円と予想している。

(2016/7/13、小池正一郎)


このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第204回 ~リスクオフに飽きた市場~