FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第414回 ~2021年展望(1)~

2020年12月30日

2021年は、通貨地図が大きく変わると予想する。主要通貨間での強さの順序は、スイス>ユーロ>円>英ポンド>米ドルとなり、そこに中国元、豪ドルが割り込んでくるという構図になろう。アジア通貨の地位が相対的に浮上するとも予想している。その大きな要因は、アメリカに民主党政権が誕生することと、米ドルがジャブジャブ市場にあふれていることである。

その理由を述べる前に、現在相場動向とトランプ時代の値動きを押さえておきたい
1.昨年予想した2020年の予想レンジ(本コラムNo.366)と実績は下記の通りである。
途中、新型コロナショックがあったが、結果としてほぼ予想範囲内に収まっている。

年間レンジ予想実績(12/30 正午現在)
ドル円102 ~115円101.18~112.23円
ユーロ1.05~1.201.0636~1.2295
英ポンド1.15~1.351.1409~1.3624

2.ドル円については四半期別に、前半円高、後半円安と予想していたが、予想と異なった値動きとなり、年間通してドルは下落を続けた。

2020年予想レンジ実績
1~ 3月104~112(107)円101.18~112.23 (107.51)円
4~ 6月102~110(108)円105.99~109.85 (107.99)円
7~ 9月103~113(109)円104.00~108.16 (105.45)円
10~12月105~115(110)円102.87~104.25 (103.30)円*
注 1.カッコ内は、期末日のNY市場終値 2.*10~12月の実績値は、12/30正午現在

3.トランプ時代の相場展開と現在の動向
イ)「強いドルは好まないが、弱すぎるのも困る」と発言。
ドルインデックスは4年間で90-100の間で二回行って来い。今年はコロナショック時で102.992(2020/3/19)の高値を付けた後、下落地合いで推移し、現在は89.88と2018年4月以来の安値で、下落基調継続中。

ロ)ドル円は、トランプ大統領就任直後に118.66円の高値を付けた後、下落傾向となり、4年間の安値は101.18円(2020/3/6)で、下落基調。

ハ)スイスは、一番強いと言える通貨で、現在0.8820と2015年1月以来のスイスフラン高。終値ベースでは、2014年4月(0.8801)以来となる。
ユーロ、英ポンドは、ドルインデックスの反面鏡的な展開で、いずれも2018年4月以来の高値で、推移中。英EUの通商交渉の合意が大きい。

4.では、2021年をどう予想するか。一言でいうとバイデン政権下で基調的には米ドルは軟調、ドルはトランプ時代の安値を更新すると予想している。具体的には、
・ドル円:95~112円で、前半ドル小戻しで、後半100円割れの円高と予想。
・ユーロは1.1200~1.3200、英ポンドは1.2000~1.4000、
・ドルインデックスは85.00~9500と予想している。

5.主な要因として、政治的、経済的、チャート的、市場心理的な要因とそれぞれあるが、筆者が中心に見ているのは、米民主党政権したの為替政策であり、FRBの金融政策である。相場の基本に考えていることは、繰り返しになるが「お金は高い所(安全性、成長性、利殖性)に流れる」である。米国が、世界での政治的、経済的地位が徐々に低下し、財政赤字も巨額で増え続けているし、ゼロ金利もこの先1~2年続く見通しなど、米国に対する不安材料が多い。唯一株式市場だけが活況だが、FRBが方針転換すれば、大きな打撃を受けるに違いない。

2020年は新型コロナが地球を覆い、世界経済の大暴落というショックを巻き起こし、これまでの常識では考えられない年となった。一番大きな変化は史上最大の米ドル通貨の洪水である。将来振り返ると、2020年は通貨力地図が変わる年の始まりとして位置付けられるかもしれない。それを跳ね返すか、あるいは、その流れが続いてしまうのか、バイデン大統領、イエレン財務長官の手腕が注目される。次回は、この点を軸に、相場展望を進めていきたい。

今年1年、ご愛読いただきありがとうございました。

来年1月は、珍しく、世界中で1月4日が取引開始日。じっくりと3が日に2021年に思いを巡らせることができます。次回は、1月6日となります。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
(2020/12/30, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会