FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第432回 ~今月の先にあるもの~

2021年05月19日

 米ドルの下落基調が止まらない。ドルインデックス(DX)で米ドルの状態をフォローしているが、昨日は89.693まで一直線に下落、今日も89.688まで下落して、現在(17:00)少し持ち直している状態だ。最近はドルが下落しても、ドル全面安のドル安=円高にはなっていないが、為替市場は24 / 7(一日24時間、一週7日間)と言われるほど、いつなんどき豹変するかわからない世界だ。その点で、筆者は、為替取引には休みがないと認識しておくべきと、肝に銘じている。為替市場全体の値動きとともに、全体としてDX相場、そして取引量の最も多いユーロ、次いで離脱したと言っても欧州の一角を占めている英ポンドの相場展開に注意を払っている。

 ところで、DXは、今、安値更新になるかもしれないという、きわめて危機的な位置づけにある。この後重要なポイントが続く。まず89.683(2/25安値)、89.321(1/7安値)となり、89.209(1/6安値)を割り込めば、次は2018年3月下旬以来の安値となる。同時期のドル円安値は104.72円だ。もちろんその節目、節目で変動要因は異なるので、同じに考えることは避けなければならないが、相場は生き物と考えている筆者は、これまでもどんな小さな動きでも変動のヒントになると頭を巡らせている。

 今、頭にあるのは、ドル安=円安が、次はドル安=円高になるということを想定して、その要因、きっかけ、タイミングを見つけることである。その大きなヒントとして筆者が決めているのは、一つは中央銀行の金融政策であり、次の6月の会合が分かれ目になるかもしれないということである。そしてこちらは、雲をつかむような話であるが、米ソを中心に進んでいるであろう、米ドル離れの進行状態である。

 「真の情報は深く潜行する」との賢者の言葉がある。ヘッジファンド業界に詳しく、国際政治金融の情報通である米国の友人が教えてくれた言葉である。国際金融市場に表には見えない何かが進行しているかもしれない。ドル離れが世界的に静かに進行しているとすれば、無視できない動きとなる。

 さて、DXの位置づけは前記の通りだが、ユーロ、英ポンドについても重要な相場水準にある。1.2349を超えると、2018年4月以来のユーロ高になり、英ポンドについても1.4241を上回ると、ユーロと同じくほぼ3年ぶりのポンド高となる。ユーロよりポンドの新高値実現の確立が高いと読んでいる。英国の方が、ロックダウンの緩和や、一部ではあるが国外旅行者の隔離義務付けを解除する方向であることが明らかになっているからだ、また金融政策でも超緩和政策からの出口について明らかになってきたこともポンド買いの要因となる。

 一方、5月に入って、米国景気指標には、回復立ち止まりの傾向がみられる。これまで、バイデン大統領のアメリカ救済3本柱や、ワクチン接種の急速な進展で、景気回復の期待が一気に盛り上がり、米金利の上昇を演出していたが、上昇の勢いも萎えてきている。この点も、ドル上昇に陰りが出てきているかもしれないと、気にかけている。

 4月28日からドル円は、おおよそ108.50円~109.50円のレンジ内で推移している。今月は政治面、景気面、金融政策面、いずれを取ってみても、この水準で推移する確率が高いと予想している、唯一気になるのは中東情勢である。今アメリカの旗色が悪い。有事のドル買いにはなりにくい構図である。

 さて、今後1週間の相場見通しは、ドル円は、先週と同じ108.00~109.50円と予想。またユーロは、対ドルで1.2150~1.2350、対円では132.50~134.50円といずれもユーロ高を予想。一方、英ポンドは、1.4000~1.4250とポンドの堅調推移を予想。

(2021/5/19, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会