FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第436回 ~恐れることないテーパータントラム~

2021年06月16日

 ドル円は再び110円を超えてきた。ただ買い上がっていく熱気というか力強さが全く感じられない。いわゆる「FOMC待ち」ということだろうが、その心は「テーパリング(債券購入規模の縮小)の有無、開始時期の発表待ち」とも言える。今回は、特に年4回(3,6,9,12月)の経済・金利見通しの発表がある会合であることから、特に注目度が高い。

 まず、5月20日に発表になった4月開催FOMCの議事録で、一部の出席者からテーパリングについて、「いずれかの時点で協議することを否定しない」とのことが示されており、また最近の物価上昇を背景に、市場では、金融緩和政策の変更がスケジュールにあがってきているとの見方が急速に高まってきていることを上げておきたい。

 そのため、テーパリングに相当する文言が声明文で含まれるようなことがあれば、内容次第では、一気に金利が上昇、ドル相場の上昇が起こる可能性がある。市場が恐れることは、過去にテーパリングの事前発言で、金利が急上昇した実績があり、今回この再来があるのではないかということである。

 それは2013年5月にバーナンキFRB議長(当時)が「量的緩和縮小」を示唆する発言をしたことで起こったいわゆるバーナンキ・ショックである。当時は、リーマンショック(2008年9月)対応で導入したゼロ金利政策から約4年経過し、既に量的金融緩和(QE)二回と、ツイストオペ(短期債を売却し長い期間の証券を購入)も実施しており、金融緩和政策からの出口についての思惑が出ていた時だった。

 量的緩和縮小を示唆する、突然のバーナンキ発言に市場は驚愕、10年国債利回りが1.70%~3%まで上昇するなど金利の上昇、株価下落、ドル下落といった大きな混乱を市場にもたらした。この状態は「テーパータントラム(市場の動揺)」と呼ばれている。最近の物価の加速度的な上昇を受けて、この記憶がよみがえっており、そのために今回のFOMCが注目を浴びているのである。

 さて、この市場の心配に対し、さまざまの見方が市場で交わされている。その中で筆者が共感を得ているのは、「テーパリング、恐れるに足らず」である。声明文になくても、パウエル議長は、終了後の記者会見で記者の質問に答える形で、議論の必要性については触れることになるかもしれない。しかしベース効果(1年前の指標が低いと対前年比は高くなる、いわゆる分母効果)を元に、その時期については「時期尚早」として明言を避けることになると予想している。

 それ以上にテーパリングを示唆する文言や発言があっても、今回は前回と環境が違うと考えている。第一に、過去の前例が経験となり、参加者はその対応策を準備できると考えられる。その記憶には、前回のテーパ―タントラムで金利が上昇しても、結局は低下した実績がある。また、今回の量的緩和の金額が莫大であり、多少のテーパリングでも十分吸収できると考えられる。加えて前回2013年は、ダブルリセッションの心配があったが、今回はその可能性が極めて少ないとの見方がある。

 この結果は日本時間で今晩未明に発表になる。個人的には、「大山鳴動ねずみ一匹」となり、金利は低下、ドル軟調推移と予想しているが、果たしてどうなるか。

 さて、今後1週間の相場見通しは、ドル円は、小幅円高の108.50~110.25円と予想。またユーロはECBの結果を受けて、対ドルでユーロ安の1.2050~1.2250、対円では先週と変わりなく132.50~134.50円と予想。また、英ポンドは小幅ポンド安の1.4000~1.4200と予想する。

(2021/6/16, 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会