FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第455回 ~115円への壁~

2021年10月27日

先週はついに114円台にのせ、節目と思われた114.55円(2018年最安値)も3日目の挑戦で突破、20日には114.70円までドルは買われ(円は売られ)た。2017年11月以来、3年11カ月ぶりのドル高・円安である。

しかし、次の節目と言える114.74円を超えることができないことで、その後3日間はドル続落、先週末22日には113.35円までドルは低下(円は上昇)した。いわゆる自律調整と言えよう。25銭足らずの陰線(ドル低下)となった5日目を除いて、ドルは8日連続の上昇を続け、短期(21日)移動平均線との乖離も2.3%以上と拡大しており、ポジション調整が起こってもおかしくない日柄であった。直前に乖離幅が拡大した9月末には、乖離率1.75%程で反転していたので、相場の流れとして想定できる展開であった。

この動きは、クロス円(米ドル以外の通貨の対円相場)でも見られた。ドル円が114.70円を付けた10月20日に高値を付けたのち、すべての通貨は売られた。ちなみに英ポンドは2016年6月のブレグジット(英国のEU離脱)投票以来の高値158.22円を付けた後、今日は157円割れ、カナダドル(高値93.02円)、スイスフラン(同124.55円)はそれぞれ2015年以来の高値を付けた後、下落に転じている。このように相対的に、円は価値を取り戻しているが、円の独歩安の状態ははまだ続いている。

では、この円安の状態がどこまで続くか、であるが、以前にも書いたが「高い所にお金は流れる」理論で考えれば答えはある意味はっきりしている。その高い所というのは「信用力(格付け)」、「成長力(価格)」、「収益力(金利)」だが、日本はいずれも高い位置にあるとは思えない。

これまでは信用力で1,2を争っていて、リスクオフ(リスク回避)事態発生には疑いもなく円は買われていた。今はどうであろうか。筆者の耳には、特に自民党総裁選以後は日本政治の評価も下がっているとの声が聞こえている。キーワードは「改革」である。岸田総理は、総裁選前には立候補当初は改革魂を感じられたが、残念ながら、首相になってからは、自民党の大物リーダーの路線を引き継ぐような予定調和的になっている。今回の衆議院議員選挙が信用力回復に対しその試金石となる。

一方、成長率、収益力については既に報じられている通り、GDPは増えず、金利も長くゼロ金利、この点では国(=円)を買い進められない。円が魅力を増す(=強くなる)ためには、この三つの観点で少しでも高さを挙げていかなければならない。通貨(相場)は相対的な関係で決まるので、相手国の数字に勝らなければ、円が強くなることは難しい。

その一つが成長力。米国で第3四半期(7-9月)のGDP成長率が明日28日に発表になる。市場のコンセンサスが2.0~2.4%(前年同期比、年率)で、前期(第2四半期)の6.7%より大きく下げている。見通しとして、よく参考にされるアトランタ連銀のGDPナウは0.5%(10/19現在)の低い予想だ。米GDPの約7割を占める個人消費の貢献度が低下していることが大きな要因と思われる。

筆者が参考にしている米エコノミストの資産では、個人消費の貢献度は約+0.6%と低下、前期の貢献度の+6.7%に比べ大きく低下している。2020年第2四半期は、新型コロナショックで消費が大きく減退し、第3四半期に盛り返したことを考えれば、当然の数字とも判断されるが、低い数字の予想の中で、少しでも上向きの結果が出れば、ドル高は再燃する(逆も真なり)。

さて、今後2週間の相場見通しは、ドル円は来週のFOMCまではドル高の調整が続くと予想するがFOMCでテーパリングが決定すると考えドル高が再燃、112.80~115.00円と予想。なお、日銀の会合(27-28日)では、展望レポートが発表になるので、経済・物価見通しには多少の改訂があるかもしれないが、金利や量的緩和政策は現状維持を予想している。一方ユーロは、ECBの会合も現状維持を予想。対ドルで1.1450~1.1700、また対円では131.00~134.00円と予想。英ポンドは,BOE会合でタカ派基調が示され1.3600~1.3900とポンド高を予想する。

(2021/10/27, 小池正一郎)

(注)来週(11月3日)は休日の為、休稿となり、次回は11月10日となります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会