FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

為替大観

最新の記事

第482回 ~チャートで読む円相場~

2022年05月25日

今週の命題は、この先どこまで円高が進むのか、もう円安は終わりなのか、についてである。この1週間、流れはドル全面安となった。その要因は、簡単に言えば、これまでドルが買われていた理由が反転したこと、すなわちドル金利が低下したことである。米景気が停滞気味で、特に住宅市況や、地区連銀調査の製造業景況感が悪い。景気後退懸念を広げ、債券買いが高まり、金利の低下に結びついた。消費者物価も高水準ではあるものの、前月より低下しており、インフレ懸念が多少和らいだことも背景にある。

まず、これまでの流れを整理する。先週の本コラムでの予想と比べると、ポンドは予想とピッタリ。ユーロは高値が100ポイントずれたが、安値は予想通り。ECBのラガルド総裁による7月以降の利上げ示唆発言を別にすれば、ほぼ読み通りとなった。

しかしドル円は全くはずれで、昨24日には126.36円まで売り込まれた。4月18日以来の円高水準である。先週の予想と比べると、ドル円は両サイドとも約1円30銭円高方向となった。2週前には、急速な速さでの円安進行に調整は必要であり、その下値メドとして127.56円を示した。円安要因の急速な改善もないだろうとの見方から、調整も徐々に行われるとの考えであった。しかしその調整スピードは速く、一気に126円台までドルが売られたことは予想外であった。しかし、後付けにはなるが、チャートをしっかり読んでいれば、この流れも予想できたはずであった。

そこで、チャートの登場である。これまでのドル高推移は、3月7日の週から5月6日に終わる週まで、9週連続のドル高となった。この期間の四本足は、(寄付)114.88円、(安値)114.81円、(高値)131.25円、(終値)130.48円である。しかし10週目の初日5月9日に131.35円という20年ぶりの円安を記録したあと、そこを天井にドル円は下落、今日現在、3週連続して陰線(ドル安)が続いている。

この期間で特に、円安がひとまず天井を付けて、調整に入るとの予想ができたはずだと反省している。その事象をあげると、①一定期間上昇後、高値を付けた日のローソク足が特別な形(今回は長いヒゲの十字星)であったこと、②日足が移動平均線を割り込んでいたことである(今回は5/12に発生)。

具体的に言うと、①131.35円の高値を付けた日(5/9)は、日足でみると長い上ヒゲを付けた十字星(寄付、終値がほぼ同値)という形になっている。これは方向転換を示す重要なサインだ。確かにその日から続落し、4日目(5/12)に127.51円まで売られた。そして②5/12の日足が、3月8日以来初めて短期移動平均線(21日MA)を割り込んだことだ。2か月ぶりの変化で、ドル安への変化を示唆した。今日の21MAは129.08円であり、現在もこの状態は継続中である。

そこで、今後もドル安は続くか、チャートはどのようなサインを示しているか、だ。これは別のテクニカル分析となるが、③一目均衡表で、転換線(短期)が基準線(中期)を割り込んだことで、短期的にはエネルギーがドル売り方向を示していることがあげられる。しかし④今週の週足次第では、ドルがもう一段の低下となるか、ドル高へと反転するか、見方が変わってくる、と言う点も重視したい。

あくまでの筆者の経験則ではあるが、今週の終値が寄付の127.64円よりドル高・円安になると、ドルは反転し、130円台に向かっていく。一方127.64 円以下になれば、いわゆる三羽烏(3週連続の陰線)の形となり、さらなるドル安の可能性が出てくるというものだ。引き続き市場は気迷い気味であるが、筆者はまだ円安は終わっていないと考えている。

さて、今後1週間、ドル円は、126.20~130.20円と予想。一方ユーロドルは、利上げ期待でユーロ高の1.0500-1.0800とユーロ堅調を予想、対円では、134.00円-137.50円と予想する。また英ポンドドルは1.2250-1.2550とポンド安を予想する。

(2022/5/25 小池正一郎)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小池 正一郎(こいけしょういちろう)
    グローバルマーケット・アドバイザー。1969年日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行後、資本市場部長、長銀証券常務などを歴任。1998年よりUBS銀行外国為替本部在日代表、シティバンク・プライベートバンクを経て、2006年より2015年6月までプリンシパリス.日本代表(国際金融政治情報コンサルティング会社、本部英国ロンドン)。外国為替コンサルタント、ファイナンシャル・プランナー(CFP(r)認定者)。ブログ執筆中(牛誰人のブログ・小池正一郎の世界経済大観)。新潟県出身(関川村ふるさと大使)。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 為替大観 > 第482回 ~チャートで読む円相場~