FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

市場養生訓

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第625回

2016年06月14日

 仕事場の近くでビスコンティの映画の特集を1か月ほど前からやっている。没後40年ということで、映画館の前では普段はあまり見かけないような年配の人の姿も見られる。スクリーンの前で時代を取り戻しているに違いない。


 血沸き肉躍る「あの時」の感じを取り戻そうとしているのはビスコンティファンだけではない。


 四半世紀前、「BOE(英国中央銀行)を破った男」として名を馳せたジョージ・ソロスもその一人だ。80歳を超えたヘッジファンド界のレジェンドが現役復帰する。


 英国のEU離脱(BREXIT)の国民投票を控えで揺れるポンドを見て血が沸いたのか。それだけではない。10兆ドルを超える世界の国債の利回りがマイナスになっていることや中央銀行の政策への不振など、マクロ系のヘッジファンドを長く運用してきた者にとって、居ても立ってもいられない思いが膨らんだに違いない。株も為替も債券もチャンスはごろごろ転がっている。でも銀行は資本規制や度重なる罰金などでコスト的にも雰囲気的にもリスクを以前ほど取れなくなった。ここは自分の絶好の出番と踏んだのだ。


 92年の欧州通貨危機、ポンド危機は多分世界中の銀行のディーラーが何らかの欧州通貨のポジションを取った。ポンド、リラ、ペセタ、エスクード、フラン、ドラクマ等々。祭りのような熱狂が市場に充満していた。この時の市場のパワーは銀行のほうがヘッジファンドよりも強力だった。ソロスはBOEが50億ポンド介入すれば自分は50億ポンド売り、100億ポンド介入すれば100億ポンド売るつもりだったと後で回想して、BOEを破った男としてイメージが定着させた。


 BOEは介入や利上げで対抗したが、結局ERMから離脱を余儀なくされた。ERMは欧州通貨間の為替レートを一定の幅で変動させる仕組みで、ポンドはERMに参加したばかりだった。こうした苦い経験もありポンドは統一通貨ユーロには加わらなかった。


 それで金融政策の自由を確保して、その後ユーロ圏に比べて比較的高い経済成長率を維持し、ユーロ危機にも巻き込まれなかった。


 これは今回のEU離脱派の論拠の一つにもなっている。EU規制がなければ経済成長は加速するというわけだ。


 現時点の世論調査では離脱と残留は拮抗している。離脱が勝てばポンドは売られるが、その場合BOEはポンド下落を抑制するためにポンド買い介入や利上げをするのだろうか。


 ポンドの下落の程度如何ではあるが、利上げは考えにくい。ポンド買い介入はありうる。その場合、ソロスは売るだろう。


 その結果はうまくいかないだろう。今回は前と違って銀行のディーラーのパワーがないからだ。レジェンドがこうして市場から去るのは残念だ。だが世界中の元ディーラーたちが束の間であっても時代を取り戻したことを感謝するに違いない。

このページの先頭へ

2017年08月08日
2017年08月01日
2017年07月25日
2017年07月18日
2017年07月11日

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小口 幸伸(おぐちゆきのぶ)
    1950年生まれ。通貨・国際投資アナリスト。 元ナショナルウェストミンスター銀行国際金融本部長。 横浜国立大学経済学部卒業後、シティバンク入社。変動相場制移行後間もなく為替ディーラーとして第一線で活躍。シティバンクのチーフディーラーとなる。その後ミッドランド銀行為替資金本部長を歴任。

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ