FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

市場養生訓

最新の記事

第828回

2020年08月25日

 今週は毎年夏の恒例行事のジャクソンホールの会議がある。FEDの主催で各国の中央銀行総裁やエコノミストたちが参加する。今後の金融政策についての指針やヒントが示されることが多いので、毎年市場が注目するイベントの一つだ。だが今年の参加者はジャクソンホールの長閑な景色を見ることはない。会議はオンラインで行われる。
 FEDのパウエル議長は長引く低インフレ状況に対して新機軸を打ち出すのか、景気が回復しても失業率は上昇すると見るECBは一層の金融緩和策に言及するか、BOEの総裁はマイナス金利も政策のオプションとしたが、来年あたりに実行するようなヒントを示すか、政策の出尽くし感のある日銀が一層の景気後退に対してどのような見解を持つのか。
 中央銀行に対する見方は様々だが、今回のコロナウイルスの感染拡大の中で中央銀行の果たした役割は大きかった。金融緩和政策の拡大はもちろんだが、FEDの各国中央銀行に対するドル供給は金融市場の危機を抑えた。世界で基軸通貨ドルに対する需要が急増した中でドル金利は上昇し、市場はドル不足に陥った。前回の金融危機の時はそれが金融機関の倒産に繋がったが、今回はドル供給のタイミングがよく、そうした事態を防いだ。
 これは中央銀行間のスワップ協定によるもので、FEDはドルを供給する代わりに各国の中銀はFEDに自国通貨を供給する。互いの通貨を貸し付け合うかたちだ。
 各国の中銀はFEDから供給されたドルを自国の金融機関や企業に貸し付けるが、3月に復活したスワップ協定によるドル供給は5月のピーク時には残高が4500億ドル程度に増えた。貸し付けは毎日行われたが、市場のドル不足が落ち着くにつれて貸し付けは6月には週三回になり、8月には週一度になった。残高も1000億ドルに減少した。
 ところで3月にドル不足になったとき、ドル金利が上がり、為替もドル高が進んだ。そしてスワップ協定の実行とともにドルは下落を始めた。そしでドルの主要通貨のバスケットに対するレートは12%下落した。
 このドル下落の要因はFEDのドル供給のためとの見方が市場では通説だが、厳密にいうとこれは違う。ドルをたくさん供給してもドルの為替レートが下がるわけではない。これは貸借の取引で為替の取引でないからだ。為替の需給には無関係だ。FEDがドルを売って円を買ったわけではない。
 例えば日本の金融機関が米国債に投資する際、円を売って米国債を買えばドルの為替需要が増え、為替はドル高に作用する。だがドルを市場から借りて米国債を買う場合は、為替の需給には無関係だ。
 但しFEDからドル供給を受けた中銀が、市場でドルを売って自国通貨を買う場合は為替の需給は変化して為替レートに影響する。これまでの通貨危機の時、その対策でスワップ協定が使われたことがあったが、それはこのケースだ。
 では今回のドルの下落の要因は何か。ドル金利の下落だ。FEDのドル供給によってドル金利が下がり、その状況を利用して投機為替がドルを売ったからだ。ここで為替の需給が変わる。そして為替レートに影響を与える。

このページの先頭へ

2020年08月25日
2020年08月18日
2020年08月11日
2020年08月04日
2020年07月28日

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 小口 幸伸(おぐちゆきのぶ)
    1950年生まれ。通貨・国際投資アナリスト。 元ナショナルウェストミンスター銀行国際金融本部長。 横浜国立大学経済学部卒業後、シティバンク入社。変動相場制移行後間もなく為替ディーラーとして第一線で活躍。シティバンクのチーフディーラーとなる。その後ミッドランド銀行為替資金本部長を歴任。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ