FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第521回 目下の市場はドル弱気の見方に傾き過ぎ?

2016年02月08日

 正直、1週間前の時点ではもう少しドル/円や日・米株価に対して強気であった。ところが、あれから1週間でドル/円は再び116円台、日経平均株価は1万6000円台に値を沈めている。市場では実に様々な後づけ講釈が飛び交い、一部の識者が手前勝手なことを言い放っているが、どれも断片的過ぎていたり偏り過ぎていたり(あるいは感情的になり過ぎていたり)して、どうにも納得が行かない。ここは真に冷静になって、個々の事柄を理知的に整理しておくことが必要となろう。


 まず、目下の市場ではドルに対する見方が弱気に傾き過ぎているように思われる。確かに、最近発表された米指標の多くがあまり冴えない内容であったことは事実だが、たとえば「景況感指数」などというのは、あくまでアンケート調査の結果であってその時々のムードによって一時的に強含んだり弱含んだりすることはある。

 年初からの米株価の調整もムード悪化の一因だろうが、1月は米主要企業の決算発表があるために自社株買いが行えず、もともと株価は調整しやすい。逆に、決算発表が一巡すれば自社株買いも入りやすくなり、今週以降はそれが米株価の下支えになる可能性も十分にある。なにしろ、米企業は過去3年間で計1兆4500億ドルもの自社株買いを行っていて、それが過去の株価上昇の原動力となっていたのである。

 日本株についても、2016年3月期通期の会社予想に下方修正が目立つことで強い下押し圧力がかかっているが、これもあくまで各社の担当者の「予想」である。年初からのムードを考えれば、少々控えめになるのも当然だが、最終的には3月末時点の外国為替レートが大きくモノを言う。なかには「業績が悪いのだから株価が下がるのは当然」などと述べる輩もいるが、それは少々乱暴な物言いであると思われる。

 「下げ相場に好材料なし」というのはわかるが、先週末(5日)発表された米1月の失業率(4.9%)や平均時給の伸び(前年同月比2.5%)などは、相当に強い結果であったと言っていい。よく「顕著に改善しているのは雇用と住宅ぐらい」などと評されるが、そこがすべてのスタートである。低インフレの状態が続くなか、実質賃金は伸びているのだから、いずれ消費は伸びてくるだろうし、前出の「景況感指数」も改善しよう。


 日銀によるマイナス金利導入の効果が現れてくるのも、むしろこれからであると思われる。先週4日付の日本経済新聞でも触れていたが、実際にマイナス金利が適用されるのは来週16日からである。外国為替市場は「長期金利よりも政策が直接影響する短期金利を意識しやすくなる」のであって、今は日米短期金利差に注目して行かねばならない。

 実際に、日銀サプライズ緩和以降、9月物のFF金利先物とユーロ円金利先物の差は拡大する方向にある。まして、日銀がマイナス金利の水準をさらに引き下げる可能性も十分にある。そう考えれば、ドル/円の下値余地にも自ずと限界はあろう。


 ドル/円の昨年6月高値と8月安値、11月の戻り高値を元に弾き出されるN計算値は114.02円で、これは一つの目安と考えていいものと考えられる。実のところ、114円台前半の水準には一目均衡表の週足「雲」下限も控える。また、ドル/円の2011年10月安値から2015年6月高値までの大幅な上昇幅に対する23.6%押しの水準もほぼ114円であり、このあたりには複数の節目が控えていると考えていい。

 今週10日に予定されるイエレンFRB議長の議会証言にタカ派色を期待することは難しいと思われるが、今週は上海市場が週末まで休場となる(香港は10日まで)ため、少しばかりリスク回避ムードが緩む可能性もある。

(02/08 08:35)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXについては、受渡取引に限り、1通貨単位あたり最大0.40円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第521回 目下の市場はドル弱気の見方に傾き過ぎ?