FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

--> --> -->

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第531回 果たして、ドル/円は週末=月末時点で31カ月線を超えるか?
外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第531回 果たして、ドル/円は週末=月末時点で31カ月線を超えるか?

2016年04月25日

 シカゴ通貨先物市場における大口投機家の円買い越しが、4月19日時点で7万1870枚と過去最高水準にまで積み上がっていたことが明らかとなった。そこへ、いきなり飛び込んできたのがブルームバーグの一報。関係筋の話として「日銀内で金融機関への貸し出しに対するマイナス金利の適用を検討する案が浮上している」という。

 あくまで憶測に過ぎない話であるし、仮にそのような案が実際に浮上しているとしても政策会合当日の協議によっては反故にされる可能性もある。ただ、熊本の震災に対する対応の一環でもあると考えるとそれなりに信ぴょう性もあり、一部の報道機関から放たれた一種の憶測ネタであったわりに市場の反応は強かった。

 まして、そこには過去最大に積み上がった円ネットロングの存在があったわけ、そのかなりの部分が巻き戻されたことは想像に難くない。また、これまで多くがドル/円について「当面は110円が厚い壁」と見ていただけに、同水準を超えてなおも一段の上値を試す展開となった結果、多くのストップロスを巻き込むことにもなったのだろう。

 相場が勝手に円安方向に振れてくれたわけであるから、黒田日銀総裁をはじめとする当事者らも、わざわざ報じられている内容を否定するようなことはしないだろう。そうであるならば、市場の期待は政策会合が終わるまで引き継がれる可能性は高い。もちろん、実際の結果をしっかり見定めなければならないし、仮に期待通りの決定が下されても、そこで目先の材料は出尽くしとなる可能性もあり、そうした点は一応警戒しておきたい。


 ここで大いに注目度が高まるのは、何と言っても今週金曜日(29日)のNYクローズ時点でドル/円がどのあたりの水準に位置することとなるかである。つまり、4月の月足ロウソクが長い下ヒゲを伴う陽線となるかどうか、また月末終値時点で31カ月線を上回ることができるかどうか、などといった点が大いに注目されるわけである。

 正直、月初めから108円割れに向かう展開となっていた当時は、個人的に「4月末時点で31カ月線を下抜けることとなってもやむを得まい」と考えていた。ところが、実際には4月の始値=112.56円に対して先週22日高値は111.81円と、もはや月足ロウソクが陽線に転じるまであと一息というところにまで迫ってきていることも事実である。

 ハッキリ言って、この4月の月足が31カ月線を下抜けるか否かで当面の展望は大きく違ってくる。そもそも31カ月線と絡む場面などそう頻繁にあるはずもなく、それだけに互いの位置関係が意味するところは大きい。なお、31カ月線は現在112.77円あたりに位置しており、今月(今週)末までに同線を上抜けるためには、その前に日足の一目均衡表における「雲」下限水準を上抜けることが求められる。

 ひとたび日足「雲」のなかに潜り込む動きとなれば、そこから暫くは動きの鈍い展開になる可能性があると見られ、その場合は2月半ばあたりから3月下旬までもみ合いを続けた113円前後の水準での動きが続くこととなろう。


 とまれ、目下のような「リスクオン」のムードが強まっているときこそ、より慎重に相場と向き合うことが必要であることは言うまでもない。NYダウ平均が再び18000ドル台に乗せてきたことや、日経平均株価が再び1万8000円に迫る展開となってきたことを考えると、そろそろ米日の株価が全体に上げ一服となる可能性も封印はできない。

 また、今週はFOMCや日銀政策会合に加えて、米1-3月期GDP(速報値)や3月のPCEコアデフレータなどの発表も控えている。ドルにとってややネガティブな結果となる可能性も否定はできず、週末にはドルが反落する可能性もあるものと心得ておきたい。

(04/25 09:30)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。

コラム一覧

鈴木郁雄の実践トレーディング 外国為替古今東西 行天豊雄 外貨投資 転ばぬ先の智慧 田嶋智太郎
市場養生訓 小口幸伸
為替大観 小池正一郎
為替の話・トレンドを掴め! 木村佳子
武市のなぜなにFX 武市佳史

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第531回 果たして、ドル/円は週末=月末時点で31カ月線を超えるか?