FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第677回 なおもドルの「独り勝ち」は続く…

2019年07月29日

 先週末26日に発表された第2四半期の米実質国内総生産(GDP)は、事前の予想(前回の前期比年率3.1%増から同1.8%増程度に鈍化)を上回る同2.1%増となった。ことに個人消費が4.3%増と力強く回復してきている点は特筆すべきと思われ、全体の伸びは鈍化したものの、市場には比較的強めの印象をもたらした。
 前回更新分の本欄でも触れたように、この1カ月ほどの間に発表された米経済指標は概ね強いものが目立った。そして、今回の米GDPも金融政策当局に対して直ちに大幅な利下げを実施するよう求めるような内容ではなかった。貿易戦争やイラン情勢などへの懸念はあるものの、現時点において利下げの実施を正当化するのも少々無理があると個人的には考える。むろん、たとえ「予防的な」という但し書きが付いたとしても……。

 もっとも、ドルの「独り勝ち」状態があまり長く続くと、おのず米政権側から不満の声が挙がるのも致し方ないことではある。実際、先週は米ウォール街の一部で「米政権による為替介入の可能性」が取り沙汰されたりもした。きっかけは、例によってトランプ大統領が「中国やユーロ圏は為替操作をしている」などとツイートしたことにあるという。
 ただ、先週26日に米メディアが伝えたところによれば「ナバロ米大統領補佐官が23日に米中貿易交渉を有利に展開することなどを目的としたドル切り下げを提案したが、トランプ米大統領らはそれを却下した」とのこと。さらに同日、ホワイトハウスのクドロー国家経済会議(NEC)委員長も「米政権は為替介入を排除した」と発言し、トランプ米大統領がドルを弱くしたいと考えているとの見方を否定した。
 要は、トランプ氏のツイートが市場に無用な憶測を生じさせたことから、ホワイトハウスが慌てて火消しに回ったということ。それもそのはず、米財務省はこれまでに半期に一度の「為替報告書」を通じて日本や中国、欧州など他の国や地域の為替操作を監視してきた。そんな米国自らが介入に動くとなれば、他の国や地域を批判する根拠も立場も失ってしまう。まして、米政権が介入に使える資金は自ずと限られると見られるし、そもそも介入の効果を長期的に持続させることは非常に難しい。
 それでも、依然トランプ氏の心中は決して穏やかでないだろう。そんな米大統領を「必要以上に刺激しない」という配慮が、先週25日に行われたECB理事会後の記者会見におけるドラギ総裁発言に滲んでいたと見る向きは、どうやら少なくないようである。
 周知のとおり、ドラギ総裁は会見で「将来の具体的な緩和策については、今回の理事会で議論しなかった」という旨の発言を繰り返した。その結果、かなりハト派に傾いていた理事会声明の内容を受けて一旦は強い売り圧力に押されたユーロが、ドラギ発言によって一気に買い戻され、上値を試す展開に急転することとなった。ここで、ドラギ総裁は刺激すると面倒な相手であるトランプ氏にある程度の配慮を示した。つまり、それは「先の会見で受けた印象ほどドラギ氏はタカ派寄りではない」ということでもあろう。

 今週は、何をおいてもFOMCが一番の注目となるが、すでに市場の見方は0.25%の利下げでほぼ一致している。注目は今後の追加利下げの可能性にどこまで踏み込んでくるかであるが、普通に考えれば「正直、踏み込みにくい」。さすがに「年内あと2回」を想定するのはキツイだろう。あとは、それを市場がどう都合よく捉えるか、どう仕掛けるかである。
 少なくとも言えることは、依然としてユーロの戻りは限られるということであり、戦略としては「戻り売りが基本」となる。場合によっては、いよいよ1.1100ドル処をクリアに下抜け、ほどなく1.1000ドルを試す可能性もあると見られる。
 結果、なおも「ドルの独り勝ち」は続き、先週21日移動平均線をクリアに上抜けたドル/円も再び109円台乗せにトライする可能性が高いと見る。足下では、ついに一目均衡表の日足「雲」の中に潜り込んできており、当面のわかりやすい上値の目安は日足「雲」の上限水準(現在は109.72円)ということになろう。
(07月29日 08:45)


※当コラムは毎週月曜日の更新です(月曜日が祝日の場合は休載となります)。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第677回 なおもドルの「独り勝ち」は続く…