FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第700回 「ドル安」の結果としての「円高」には限界?

2020年03月02日

 先週1週間で、目の前の景色は一変してしまった。週明け24日に大幅下落となった米国株は翌25日以降も大きく下げ続け、NYダウ平均は週間でマイナス3583ドルと過去最大の下落幅を記録。ふと振り返れば、ほんの少し前(2月12日)まで史上最高値を更新する展開が続いていただけに、先週目の当たりにした暴力的な下げについては「ただ呆気にとられるのみ」という感じであった。
もちろん、新型肺炎ウイルス感染拡大の影響に対して、先々週末までの市場の見方がやけに楽観に傾き過ぎていたことも事実ではある。また、米国やドイツなどの株価が、かなり割高な水準に達しているとの感が強まっていたことも事実であり、ある意味では「当然の調整が入った」と言える部分もある。それにしても……先週の米国株の下げは「生涯でそう幾度も目の当たりにすることはない」というほどのものと言えるだろう。

 一つのきっかけはイタリアで感染者が急増しているとの報であり、ついに欧州にまで感染被害が飛び火したということを通じて、俄かにパンデミック(世界的な大流行)に発展する可能性というものが現実味を帯びるようになった。さらに、米疾病対策センター(CDC)が米国民に対して国内での新型肺炎ウイルスの流行に備えるよう注意喚起したことも、投資家らがリスク回避行動に走ることに十分モチベートした。
いきおい、米国をはじめ世界の株式市場から逃げ出したマネーは一斉に米国債市場に向かうこととなり、見る見る買い上げられた10年債の利回りは連日のごとく過去最低を更新することとなった。
なお、世界の株式市場から逃避してきたマネーは一旦、金(ゴールド)価格をも大きく上昇させることに貢献したわけであるが、驚いたことに週末(28日)のNY金先物価格は過去に例を見ないほど大幅に下落することとなった。これは、世界同時株安によって空けられた大きな穴(損失)を埋めるための換金(利益確定)売りが一気に進んだためであると見られる。それだけ、世界の投資家らの投資ポジションは僅か数日のうちに大きく損なわれてしまったということであり、今後、足下の世界同時株安に伴う逆資産効果は実に様々な形で現れると心得ておかねばなるまい。

足下の米10年債利回りは、あろうことか1.15%レベルにまで低下する事態となってしまった。先週29日には、一時1.1143%まで低下する場面もあり、まさにパニック状態である。結果、市場では俄かにドル売り圧力が強まることとなり、たまらずドル/円もかなり大幅な下げを余儀なくされることとなった。同時にユーロ/ドルが大きく値を上げていることからして、これは「円高」というよりも間違いなく「ドル安」である。
 少し振り返ると、ドル/円は2月19日-21日にかけて一気に112円台まで上昇する場面があり、市場の一部では「日本売りの結果」との声も聞かれていた。新型肺炎ウイルスの感染者数が中国に次いで多い日本の通貨「円」について、これからも「安全通貨」と見做し続けることは難しくなってきていると言われれば、それも道理ということになるのかも知れない。ここは冷静に判断して行きたい。
もともと、昨年秋の消費税率再引き上げや台風、大雨被害などの影響で日本経済の先行きには暗雲が漂っていたわけであるが、そこにウイルス感染の悪影響まで上乗せされるとなれば、もはや「リスク回避の円買い」などというワードは死語になってもおかしくはない。その意味からすると、当面のドル/円の下値というのも自ずと限られたものに留まるということになるのではないか。
 先週のドル/円の週足ロウソクは、一時的にも一目均衡表の週足「雲」下限(現在は107.65円)を試す動きを見せたが、結局は同水準が下値を支えるような格好にもなった。今しばらくは、なおも不安定な値動きを続ける可能性が高いものの、基本的には108.00円を軸に107.5—108.50円のレンジ内で推移すると見ておきたい。
 (03月02日 09:05)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第700回 「ドル安」の結果としての「円高」には限界?