FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第704回 ドル枯渇懸念はひとまず後退

2020年03月30日

 先週末27日の米株市場でNYダウ平均は前日終値比915ドル安と大幅に下落することとなった。「米国の新型コロナウイルスの感染者数が中国やイタリアを上回ったことで、収束までの長期化見通しが強まり、米国経済への影響が懸念された」との解釈も成り立たなくはないが、むしろ前日までの3日間で4000ドル近く上昇したことに対する当然の反動と見るのがより適切であろう。

 むろん、先週の「3日間で4000ドル近く」という戻り自体が自律反発の域を出ないことは言を俟たない。依然、市場のボラティリティーは異様に高い。とはいえ、27日に米国で成立した2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策に対する評価が米株価に反映されたことも事実であるうえ、少し溯って先週23日に米連邦準備理事会(FRB)が発表した「経済支援策第2弾」がパニックの鎮静化に大きく貢献したという点も見逃せない。

 既知のとおり、この支援策は「FRBが米国債と政府支援機関(GSE)保証付きの住宅ローン担保証券(MBS)を無制限に(必要なだけ)購入する」というものであり、さすがに同策のメッセージは市場に強く響いた。言うなれば、必要な分だけありったけのドルを提供しようということなのであるから、それまであったドル枯渇懸念は一気に後退し、わかりやすくドル買い需要は低減した。
 その結果、先週は対ドルで円やユーロを買い戻す動きが急となり、ドル/円は111円台後半の水準から108円割れの水準まで急激に下落、ユーロ/ドルは1.0635ドルから1.1150ドル近辺まで大きく上昇することとなった。
 その一方で、3月23日と24日のNY金先物価格は2日間で1トロイオンスあたり176ドルもの値上がりを見た。これも一つの象徴的な出来事であったと言っていいだろう。なにしろ、先々週末までは何が何でもドルキャッシュを手当てしたいとする向きが、安全資産であるはずの金(ゴールド)まで次々に現金化しようとしていたのである。

 ここで考察しておきたいのは、一つに米政権が打ち出した史上最大2兆ドルの対策は果たして十分かという点であろう。実のところ、すでに米国のエコノミストや地方自治体などからは金額が不十分であるとして、早くも追加策の策定を求める声が挙がっているとも聞く。もちろん、それは感染症の拡大がピークアウトすると見られる時期との兼ね合いで今後段階的に検討されることとなるのであろう。一部では「リーマン・ショック級かそれ以上」などとする向きもあるが、そもそも今回の危機はリーマン・ショックとは根本的に性質が異なるということも再認識することが重要と考える。
 また、先に記者会見に臨んだクドロー国会経済会議(NEC)委員長やムニューシン財務長官は「(今回の対策によって)FRBには新たに4兆ドルの資金供給能力が生まれる」と述べている。その具体的な中身には「FRBによる社債の購入」も含まれると考えることができ、そうなればFRBの役割は従来の金融支援から産業支援へと大きく広がる。
前回更新分の本欄でも述べた通り、社債購入は有力な一手と見ていいだろうし、最終的には株式購入を検討する可能性だって皆無とは言えない。つまり、FRBにはまだ切れるカードが十分に残されている。よって、いたずらに悲観に傾くことは慎みたい。

 また、ドル枯渇懸念の後退によって促されたドルの売り戻しはいつまで続くかという点も十分に考察しておきたい。当然、米政府やFRBが次々に繰り出す策は其々に有効であると思われ、それらは最終的にドルの信認につながっていく可能性が高い。
 そう考えると、ドル/円の下値というのも概ね3月9日安値から24日高値までの上昇に対する38.2~50%押し(=107.67円~106.43円)あたりまでに限られてくるのではないか。同様に、ユーロ/ドルの戻りは3月9日高値からの下げに対する61.8%戻し=1.1166ドルが一つの目安になると見られる。

(03月30日 08:40)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ