FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第710回  ドルが相対的に優位な状態は今しばらく続く…?

2020年05月18日

 先週は、週初から中国や韓国でコロナウイルスの感染者数が再拡大しているとの話題が飛び交っていた。また、米ホワイトハウス内で感染の事実が確認されたなどと伝わったこともあり、感染第2波や感染拡大の長期化に対する不安が市場で顔をのぞかせていた。
 むろん、米欧の一部で経済活動の再開が段階的に始まったことから、一段の景気悪化に歯止めがかかるとの期待も大きくなっており、そうした期待が基本的に米・日株価の下値を限られたものにしていると見られる。ただ、その一方で米中間の対立が再び強まり、株価の上値を押さえる要因として無視できなくなっていることも見逃せない。
 振り返ると、先週のNYダウ平均は、週初(11日)から水曜日(13日)までの3日間で合計1000ドル超の値下がりを見ることとなり、市場のリスク選好ムードはやや後退した。先週13日に伝わったパウエルFRB議長の電話会議でのスピーチの内容が想定以上に悲観的なものであったことを株安の一因とする向きもあるようだが、正味のところ特段に材料視するほどのものではなかったと考える。むしろ、足下でNY原油先物価格が大きく値を戻してきていることはポジティブに受け止めたい。

 いずれにしても、目下の市場では強弱材料が其々に交錯して金融相場全体に方向感が見出しにくくなっている。結果、ドル/円は106円台後半から107円台後半の狭いレンジ内での上げ下げに終始しており、今週も似たような状態が引き継がれるものと見られる。
 日足チャート上でドル/円の値動きを確認しても、200日移動平均線と89日移動平均線はやや下向きながらほとんど横這いで推移しており、これといった動意は見られない。ことに注目されるのは、先週のドル/円の値動きが一目均衡表の日足「雲」のなかでのものに限定されていたことであり、足下の膠着感は一段と強まっている。
 なお、前回更新分の本欄で注目した豪ドル/円は、結局のところ節目の70円処で上値をガッチリと押さえられてしまい、むしろ週末にかけては69円割れの水準に値を沈めることとなった。それは、一つに「中国政府が豪州の企業4社から肉製品の輸入を停止する措置を講じる」と伝わったところが大きい。既知のとおり、豪州は新型コロナウイルスの感染拡大を巡って独立機関による中国での調査を求めており、それに反発する中国が意趣返しに乗り出したと見る向きが少なくない。
 言うまでもなく、中国は豪州にとって最大の輸出相手国であり、ことに肉製品の輸出禁止はダメージが大きい。そんな弱い立場にある豪州をねじ伏せれば、足下で世界全体に拡がりつつある「コロナ被害の対中損害賠償要求」という中国にとっては忌々しいムーブメントを弱体化させることも可能になると踏んでいるフシもありそうだ。

 そのようなわけで、豪ドル/円の上値期待は少々遠退いてしまったという感もないではない。ただ、相対的なドルの強さは損なわれていないと見ることもでき、その背景にはトランプ米大統領が「強いドル」を容認する姿勢をあらためて明らかにしていることがある。トランプ氏は先週14日にもFOXニュースとのインタビューにおいて「現時点で強いドルを持つことは良いこと。誰もがドルを持ちたがっている」などと述べていた。
 また、足下ではユーロやポンドに下値リスクが台頭してきており、結果としてドルが優勢になっている。市場では、ユーロ圏の主要国が国債を増発する必要に迫られると見る向きが増えており、結果的にECBが資産購入枠を一段と拡大する可能性も高まっているとされる。一方で、目下の英国は欧州連合(EU)との貿易交渉に行き詰まっており、ここにきてEU側の姿勢が一層強硬なものとなってきていることがポンドの重しにもなっている。
 ユーロ/ドルは足下で1.0800ドルの節目を試し続けており、ひとたび同水準をクリアに下抜ければ1.0600ドル台が意識されやすくなると見られる。また、ポンド/ドルは三尊天井のネックラインを下抜ける動きとなっており、結果的にドルは相対的な強みを発揮しやすくなっていると見ておきたい。             (05月18日 08:50)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第710回  ドルが相対的に優位な状態は今しばらく続く…?