FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第737回 米株価は一旦調整へ? リスク選好のドル売りも一巡か

2020年12月14日

 欧州連合(EU)が、先週11日に閉幕した首脳会議で復興基金の運用開始にようやくメドをつけた。なおも「法の支配」の条項に関わる不安の種は残されているが、ひとまず一つのハードルを乗り越えたことはユーロ圏にとって朗報と言える。
 ただ、一方で英国とEUの通商交渉は、なおも合意に漕ぎつけることができず、11日の市場では欧州時間入り後にポンド/ドルとユーロ/ドルがともに軟調な展開を余儀なくされた。今のところ双方は交渉を継続することでは合意しており、週明けのポンドとユーロはひとまず対ドルで値を戻しているが、交渉の行方自体は未だ藪の中である。

 とはいえ、依然として足下では基本的にユーロ/ドルが高止まりの状態を続けており、それだけ市場では「なおもドル安傾向が継続する」との見方が根強いようでもある。あくまでドル主体の動きであるだけに、ユーロの弱気材料にはやや反応しにくくなっているということもあらためて心得ておかねばなるまい。
 既知のとおり、ユーロ/ドルは今月4日に一時1.2177ドルまで上値を伸ばし、そこから一旦調整含みの値動きとなった。11月初旬から形成している上昇チャネルの上辺に4日高値がほぼ到達したことも一時調整の要因の一つと言え、なおも上昇チャネル内での推移が続く可能性があることも否定はできない。
 先週行われたECB理事会では追加緩和の実施が決定されたが、概ね事前の市場予想どおりの内容であったことから、むしろユーロの弱気材料が一旦出尽くしとなった感もある。まして、ラガルド総裁は理事会後の会見で、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の枠を5000億ユーロ拡大したことについて「全額使う必要はない」と述べていた。どうやらECB内におけるタカ派の理事の支持を取り付けるためであったようだが、市場は「想定していたほどハト派寄りではなかった」と受け止めた模様。
今回の追加緩和の内容は、総じて「ユーロ売り圧力を一気に強めるような内容ではなかった」ということになる。よって、当面のユーロ/ドルについては1.125ドル処を軸とした1.2075-1.2175ドルのレンジ内での値動きを続けると見ておきたい。
 
 一方、米国においては追加経済対策を巡る与野党の協議が再び暗礁に乗り上げている模様で、これまでの期待はやや後退している。また、ニューヨーク市で本日(14日)から店内での飲食が禁止になるなど、規制の内容が強化されており、短期的には景気悪化が避けられない状況にもなっている。
むろん、ワクチンへの期待が根強いことも事実であるが、いざワクチン接種が開始されると、少なくとも期待がムードを盛り上げ続ける局面は過ぎ去り、当面は米株価の上値が少々重くなる可能性もある。結果、そのぶんドル売りの圧力も抑えられ気味になるかもしれない。もちろん、今週のFOMCやクリスマスシーズンの到来を控えて、市場全体でポジション調整の動きが強まっているということも念頭に置いておきたい。
 追加の経済対策については、たとえ年内に合意に至ったとしてもそこで一旦「材料出尽くし」となり、いずれにしても米株価を一段と押し上げる材料にはなりにくい。また、FOMC後の会見でFRBのパウエル議長が、当面のインフレリスクについて何らかの言及をした場合には、それが株価調整の引き金となる可能性もないではない。
 ちなみに、11月9日以降のNYダウ平均の値動きにはダイアゴナル・トライアングル(斜めの三角形)の形状が見て取れる。これは、これまでの強気相場が「一旦お休み」となることを予感させるシグナルの一つであり、ここは「米株高でリスクオンはドル安」のパターンがいつまでも続くわけではないと見ておくことも必要なのではないだろうか。
 先週末にかけては、豪ドル/円が年初来高値を更新し、ユーロ/円も9月高値に迫る。つまり、クロス円は全般に円安傾向を強めており、連れてドル/円も意外なほど底堅く推移する可能性がある。

(12月14日 09:15)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会