FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第740回 2021年中のどこかでドル安の基調は転換する!?

2021年01月04日

 昨年の最終営業日(31日)の米株市場では、NYダウ平均があらためて史上最高値を更新する動きとなり、新たに迎える2021年も引き続き株高が続くと期待している向きが少なくないことを再認識させられた。
 いかに足下で新型コロナウイルス感染の急激な拡大が続いていようと、市場はワクチンや追加経済対策などの効果に対する期待を膨らませ続けている。むろん、当面は世界の主要中銀が司る金融政策が押し並べてハト派姿勢を維持し続けると見られることも、世界的な株高の流れを支援する大きな要因となっている。ただ、2018年1-3月に生じた所謂「VIXショック」のときのように、先行きの展望が明るい時ほど株価が突然の大幅調整を余儀なくされやすいという点は要警戒と言える。

 2021年の外国為替相場展望について色々と市場の声を拾ってみるに「年明けから暫くは依然として緩やかにドル安・円高の流れが継続するが、いずれは緩やかなドル高・円安の流れに転じる」と見ている向きが比較的多いように感じられる。
 また「暫くドル安・円高」とは言っても、1ドル=100円を超えてより大きく円高方向に振れたり、そのような円高が定着したりする可能性は低いと見ている向きがどうやら多いようである。それは、やはり2021年後半に向けてワクチン接種の広がりや経済対策の効果によって、米国をはじめとする各国・地域の景気回復が進むと見立てる向きが多いということを考えれば当然であろう。
 ただ、昨年の年の瀬にかけてコロナウイルスの「変異種」が存在確認されるなどしたことで、今しばらくは世界景気が目に見えて回復し始めたと認識できるようになるタイミングがなかなか読めない。もちろん、複数の国や地域で接種が始まっているワクチンの効果についても、まだ確度の高いデータが得られ始めるようになるタイミングは読めない。
 だからこそ、今しばらくは「リスクオフの円買い」が強まる可能性を排除するわけにはいかないということなのだろうが、逆に「リスクオンの円売り」が一気に強まるリスクというものも排除はできず、結果としていたずらに強く円買いを進めることも憚られる。
 今はまだ“正体”がつかみ切れていない「変異種」にも、各種のワクチンは十分に有効であるとの確証が得られる可能性もあれば、想定以上にワクチンの普及が前倒しとなる可能性もある。むろん、これは今のところ誰にもわからない。わからないのに、何らかの予断に基づいて無闇にポジションを一定方向に傾けることには慎重でありたい。

 年明け早々からそう焦らずとも、少し長い目で2021年を展望すれば「多くのFX投資家が大きなチャンスに恵まれる」との期待が大きい。なにしろ、これまでの「コロナ下」から「コロナ後」に時代のフェーズが一変する可能性が高いのである。
 そもそもコロナ下で過去に例を見ないほど膨大な流動性が供給されていることを考えれば、過去のデータや経験則などに基づく投資判断が本当に今後の役に立つのか大いに疑問である。少なくとも間違いないのは、ワクチンによって人々の日常生活が「通常」に戻ることのインパクトは想定されている以上に大きいと考えられることだ。
 当然のことながら、生活が「通常」に戻れば、金融政策の方針も必ずや見直し・変更を余儀なくされることとなろう。例えば米連邦準備理事会(FRB)にしても、一時的な市場の動揺は避けられないことを前もって承知したうえで、政策方針の変更を仄めかさねばならないときというのが過去にもあったし、今後もきっとある。

 年頭にあたり、甚だ大雑把な物言いになってしまったが、そう遠くない将来においてコロナ下で進んだドル安の流れが逆転する可能性は高いと見る。たとえ、ユーロ/ドルが一時的に1.2500ドル処を試す展開になったとしても、それ以上のユーロ高に域内経済が耐えられるのかどうか、そろそろ考え始めねばなるまい。

(01月04日 08:40)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会