FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第748回 米債利回りとドル/円の上げもそろそろ一服?

2021年03月08日

 先週は、ついにドル/円が108円台に乗せる展開となった。週末5日には一時108.64円まで上値を伸ばす場面もあり、昨年3月につけたコロナ・ショック後の高値から今年1月安値までの下げに対する61.8%戻しの水準(=108.22円)を超えてきている。
 前回更新分の本欄では、1月初旬から形成している上昇チャネル内での推移が続いている点に再注目したが、先週4日には同チャネルの上辺をも上抜けており、そこから一段と上げが加速した格好となった。また、結果的に先週の週足ロウソクが一目均衡表の週足「雲」を一気に上抜ける動きとなったことも見逃せない。
 ちなみに、今年1月安値から2月17日高値までのドル/円の上昇は5波構成となっており、その上昇幅を2月23日安値に足してN計算値を求めると108.55円となる。同水準は一つの節目であると考えるならば、先週末の高値108.64円あたりでとりあえず上げ一服となる可能性もあるものと見ておきたい。

 既知のとおり、依然として米債利回りが強含みで推移していることが、このところのドル/円急上昇の一因。先週4日に行われたウォールストリート・ジャーナル(WSJ)主催のウェビナーに登場したパウエルFRB議長のコメントが市場に「拍子抜け」、「期待外れ」と捉えられ、そのことが利回りの上昇を一段と加速させることになった。
 市場全体が極めて神経質になっているなか、今回のパウエル議長の発言に対して「大いに失望」、「些か無神経」との評もあるようだが、実のところ当人にとっては“確信犯”的な発言であった可能性もあると筆者は個人的に考える。FRBとしては、市場に幾つかの若干異なるメッセージを投げかけることで、その反応をじっくり見定めたいとうところがあるのではないだろうか。いつか必ず訪れる本格的な「正常化」に向けて、少しずつ地ならしをしておきたいとの意向もあろう。
 結果として米10年債利回りは一時1.6%台まで上昇することとなったが、それでも昨年の年初の水準(1.95%前後)には遠く及んでいない。なおも米政策金利は据え置かれたままであり、テーパリング開始の方針が示されたわけでもない。2月下旬以降、ナスダック総合指数が一時的にも10%超の下げとなったが、それは「当然の調整」の範囲内での動きであり、もともと上昇のスピードが過度に加速していたことも事実である。そもそも、金融政策が常にマーケット・フレンドリ―というわけではないのである。

 「もうはまだなり」という格言があることは百も承知であるが、さすがに足下の米債利回りとドル/円の上昇も「そろそろ一服」ということになるのではないか。だからと言って、ここからドル/円に逆張りの売りを積極的に仕掛けることも躊躇われるが、一旦立ち止まって様子を見たい局面であることも事実と言えよう。
 むろん、当面の下値余地はさほど大きくないものと思われるが、差し当たり108円台を維持できるかどうかを見定めながら、仮に108円を下抜けてきた場合には、前述した50%戻し=107.15円あたりまでの調整はあってもおかしくないと見ておきたい。

 一方で、ユーロ/ドルは前回想定した通り1.2050-60ドル処をクリアに下抜けたところから下げが加速し、節目の1.2000ドル処をもあっさりと下抜けて、一時1.1900ドル割れの水準まで値を沈めることとなった。結果、昨年11月安値から今年1月高値までの上げに対する61.8%押しの水準に到達している。
 今週11日に予定されるECB理事会に対する市場の警戒は根強く、少なくとも同会合を通過するまでは基本的に上値の重い展開が続くと見られる。もっとも、ドルが一旦調整含みとなる可能性も一応は考慮したいし、ECB理事会を通過した後のユーロが一旦「事実で買い」となる可能性もないではない。想定どおりに下げてきたユーロ/ドルだが、1.1900ドル処では一旦下げ渋る動きとなっておかしくないと見る。
(03月08日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意
パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会