FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第761回 足元の米長期金利の低下は「ワケあり」で「一時的」

2021年06月14日

 先週末11日の米株市場では、主要3指数が小動きながらも続伸し、S&P500指数は2日連続で史上最高値を更新した。ことにIT・ハイテク株の底堅さが目立つ格好となっており、その背景には米10年債利回りが1.5%割れの水準で低調に推移していることがある。
 実際、先週10日には5月の米消費者物価指数(CPI)が発表され、「総合」で前年比5.0%上昇と市場の事前予想を上回る強い内容であったのにも拘わらず、米10年債利回りは一時1.43%台まで低下した。一体、どうして米国債利回りは下げの反応となったのだろうか。
 
 アナリストらのレポートには「それでもFRBの慎重スタンスは変わらないと捉えられたため」、「(米CPIの強い結果は)中古車や航空運賃などコロナ禍で低迷した旅行関連の急速な伸びが影響した結果であるうえ、いわゆるベース効果による歪みが生じた結果でもあると見られるため」などの見解が少なからず披露されており、それも「まったく的外れ」というわけではなかろう。しかし、そこにはもう一つ重要な「ワケ」があるということもあらためて確認しておかねばなるまい。
 そのワケとは「積み上がった米国債の売りポジションを解消する動きが断続的に見られている」というものであり、売り方による買い戻しが更なる買い戻しを呼ぶ「踏み上げ」的な状況になっているという点はやはり見逃せない。
 少し振り返れば、一頃は米10年債利回りが1.7%台に乗せるなどして市場全体に強いインフレ警戒感が拡がるといった局面があった。なかには「2%近くまで上昇するのは時間の問題」などとする向きも当時はあり、当然、そこには米国債の売りポジションを積み上げる投資家の姿もあった。つまり、足元で生じている米国債利回りのやや異様な低下というのは言わば「ワケあり」で「一時的」なものである可能性が高い。

 また、もう一つ重要なトピックとして伝わっているのは「米国の25州で共和党の知事が失業保険給付の特別加算(上乗せ給付)を当初予定されていた期限の9月上旬を待たずに打ち切ると宣言した」というものである。25州は全人口の4割強にあたり、6月12日から7月10日にかけて前倒しで特別加算を止めるという。
 全米で経済再開が着実に進んでいるのにも拘わらず「手厚い給付があるために働きに出ることを控える向きが多いことによって、各地で深刻な人手不足が生じている」という実情を考えれば致し方ない対応とも思えるが、そうなれば今後、慌てて求職活動を開始する向きが急増するということも容易に想像がつく。
 結果、確実に「平均時給」は低下するため足元のインフレ率は少々低下するかも知れないが、雇用者数が急増することも間違いなく、そう遠くない将来において米国債利回りは再び強含みになってくると見ておかねばなるまい。やはり、足元の利回り低下は「一時的」である可能性が高いのである。

 そうであるならば、目先的な米国債利回りの低下に敏感に反応して一時的にドルが売られるような局面では、そこですかさずドルを拾いに行くというのも一手ということになろう。前回更新分でも述べたとおり、ドル/円については一目均衡表の日足の「基準線」と21日移動平均線(21日線)が下値サポートとして機能しており、水準的には109.20-30円処が非常に底堅い。上値は109.80円処の節目がレジスタンスとして意識されやすくなっているが、同水準をクリアに上抜ければ少なくとも6月4日高根=110.33円あたりまでは目線が上がることとなろう。
 一方、ユーロ/ドルは先週11日に節目と見られる1.2150-60ドル処を下抜けたことで、そのまま1.2100ドル処までスルスルと下げた。売り圧力が一段と強まった場合は目先的に1.2060ドルの節目が試されやすいと見られ、逆に反発した場合はあらためて1.2150-60ドル処が目先の上値の目安になると見る。

(06月14日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会