FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第792回 ウクライナ情勢横睨みでドル/円、クロス円の押し目を狙う!?
外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第792回 ウクライナ情勢横睨みでドル/円、クロス円の押し目を狙う!?

2022年02月14日

 週末には、サマーズ元財務長官から「今すぐに臨時のFOMCを開催し、量的緩和(QE)プログラムを終了させるべき」との声も伝わってきており、それは至極ごもっともな指摘であると思われる。確かに、最初の利上げ幅を云々する前に、いまだ続けられている資産購入策を直ちに停止することの方が先であろう。ただ、サマーズ氏の指摘は今市場で取り沙汰されている「年内の利上げ回数」や「一回当たりの利上げ幅」、「バランスシート縮小(QT)」などの議論とは少々次元が異なることも事実ではある。

 もちろん、いよいよ3月からFRBが金融政策の正常化を漸次進めることになるわけであるから、当面、基本的にドルの下値は堅いと見ておいてよかろう。ドル/円で言えば、日銀が先週10日に「指値オペ」と呼ばれる金利抑制策を14日に実施すると発表したことも非常に重要な材料として見逃せない。このことによって米・日当局間の政策方針の違いがより鮮明となり、本来的にはドル/円の上値が拡がりやすくなるはずである。
 ただ、目先はウクライナ情勢が一段と緊迫の度合いを強めるとの懸念があり、どうしてもリスク回避の円買い圧力が強まりやすい状況でもある。
 実際、米国のサリバン国家安全保障顧問は「ロシアは早ければ五輪期間中にもウクライナ国内で軍事行動を起こしたり、紛争を引き起こそうとしたりする可能性がある」と言って憚らない。一部報道では、バイデン大統領が「ロシアがウクライナへ侵攻すると確信している」と語ったとも伝わる。確かに、ロシアのプーチン大統領は目下のところ振り上げた拳の下ろし処を探しあぐねているようにも映る。
 一方で、ウクライナ側は2014年のクリミア危機以来、軍の整備を着々と進めてきており、ロシアによる侵攻はそう容易いものではないと見られる。それでも、今以上にウクライナ情勢が緊迫化すれば、その舞台は欧州が中心となるわけで、結果、今しばらくはユーロの上値が押さえられやすい状況も続くこととなろう。
 実際、先週11日のユーロ/ドルは大きく値を下げ、ポンド/ドルも上値の重さが強く感じられる動きとなった。もっとも、11日はラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁に対するドイツメディアのインタビュー内容も伝わっており、その言葉の端々からは市場の先走りをけん制したいとの思いが滲みだしているようにも感じられた。

 とまれ、まずは先週末にかけてNYダウ平均が2日で1000ドル以上もの下げを演じたことを受けて、週明けの東京市場がどの程度マイナスの反応を示すかが重要。米・日をはじめ主要国で同時株安の状況となれば、当面は円の上値余地を探る状態が続く。
 そこに米金融当局者の発言やウクライナ情勢の行方などといった要素が加わると、外国為替相場はいつになく複雑な展開にならざるを得ない。
 基本的には、ドル/円、クロス円に押し目買いを入れるチャンスをうかがいたいところであり、ドル/円に関してはやはり一目均衡表の日足「雲」上限の水準(115.00円前後)が極めて重要なチャートポイントであると再認識しておきたい。
 一方、ユーロ/ドルに関しては目先的に再び1.1300ドル処を試す可能性が高いと見る。

              
(02月14日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第792回 ウクライナ情勢横睨みでドル/円、クロス円の押し目を狙う!?