FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第800回 いつごろから日銀は政策方針の見直しを匂わせるのか…
外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第800回 いつごろから日銀は政策方針の見直しを匂わせるのか…

2022年04月18日

 前回は「ユーロの一段の下値リスクに要警戒」と題し、ユーロ/ドルが2017年1月安値と2020年3月安値を結ぶ下値サポートラインを明確に下抜けると「コロナ・ショック時の1.0636ドルを試しに行く可能性もある」と述べた。いまのところ、まだこのサポートラインを明確に下抜けたとは言い切れないが、14日に一時1.0757ドルまで下押した場面には、その兆候が見え隠れしていた。
 目下のユーロ/ドルの値動きに、FRBや英中銀とECBとの金融政策の方向性の違いが強く反映されていることは間違いない。14日に定例理事会を開催したECBは、国債などの資産の新規買い入れ終了時期について「7-9月期に終える見通しが強まった」と声明文に明記。市場にはECBが金融政策の正常化を前倒しで進めるとの見方もあったことから、一旦はユーロ売りの反応が見られることとなった。
 ただ、後にECB関係者の話として「7月利上げの可能性は残っている」との報が伝わったこともあり、とりあえずユーロ/ドルは下げ渋る動きを見せている。

 もちろん、米国景気がなおも強い基調を維持し、同時にインフレ傾向が一層強まっていることで、依然ドル買いの流れが継続していることも見逃せない。
 先週12日に発表された3月の米消費者物価指数(CPI)の発表後には、コア指数の伸びが鈍ったことから「インフレのピークアウトへの期待が高まった」とのムードが拡がる場面もあったものの、その後に発表された複数の米経済指標の結果があらためてインフレ警戒を強めるものであったことも事実である。
 たとえば、13日に発表された3月の米生産者物価指数は前年比11.2%上昇と、市場の事前予想を大きく上回り、その伸び率は統計で遡れる2010年以降で最大となった。
 加えて、14日に発表された4月のミシガン大学消費者信頼感指数も事前予想を大幅に上回り、15日に発表された4月のNY連銀製造業景況指数も事前予想の1.0に対して24.6と、急激な回復ぶりを明らかにする結果であった。新規受注は今年の最高水準に達し、入荷遅延の指数も低下している。
 
 当然、ドル/円も一段の上値をうかがう動きとなっており、週末15日には一時126.68円処まで上昇。13日の東京時間に伝わった黒田日銀総裁発言により2015年6月高値=125.85円をいともあっさりと上抜けたところから、ドル/円の上値余地は一層拡がってしまっていると言わざるを得ない。奇しくも、この日の総裁発言は「黒田シーリング」を自ら突き破ることに貢献することとなってしまったわけである。
 15日には、鈴木財務相による「悪い円安」発言があり、市場には「一層の円安進行となれば、政府が円買い介入に踏み切る」との観測が燻っていると伝わるが、そのハードルはかなり高い。いや、おそらくあり得ない。結局のところ、すべては日銀総裁の今後の出方にかかっているということになるものと思われる。
 押さえておきたいのは、国内の消費者物価指数(CPI)が携帯電話料金値下げの影響剥落によって4月分から一気に跳ね上がることと、その結果が発表されるのは5月20日であるということ。そして、それ以降に日銀金融政策決定会合が行われるのは6月16-17日であるということも重要である。果たして、黒田総裁はどの時点から政策方針の見直しを匂わせ始めるのか。そのタイミング次第ではあるが、どこかで一旦大きく円高へと振れる可能性があることは念頭に置いておく必要があると思われる。

 今週のユーロ/ドルについては、やはり前記のサポートライン(先週末の終値水準に位置)をクリアに下抜けるかどうかに要注目。下抜ければ、やはりコロナ・ショック時の1.0636ドルが意識される。一方、ドル/円については126.50円処を軸とする125-128円のレンジ内での動きを一応想定しておく。

(04月18日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第800回 いつごろから日銀は政策方針の見直しを匂わせるのか…