FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第804回 “ステーブルコイン騒動”一服でリスクオフ後退

2022年05月16日

 先週13日は、日経平均株価が前日比678円高、NYダウ平均が同466ドル高、ナスダック総合指数が同434ポイントと大幅に反発。それまでの下げが相当にきつかったことを考えれば、週末を前にポジション調整の動きが生じるのも道理ではある。なにしろ、NYダウ平均は5日以降、12日までの6営業日で2300ドル超も下落していた。
 ただ、よく見ると12日の日足ロウソクは長めの下ヒゲを伴う下影陽線の形状を成している。下ヒゲの部分は、ステーブルコイン「テザー」の価格が一時的にもドルとの連動から逸脱して1テザー=0.962ドルまで下落したことと、その後、テザー側が「問題なく1対1の比率でドルに交換可能」と言明した結果、ほぼドルペッグに戻ったことを映す。
 既知のとおり、テザーの一時下落は同じステーブルコインである「テラUSD」の価格が9日あたりから急落しはじめ、13日に一時10セントを下回るところまで暴落したことの余波を受けたものと考えていい。そもそも、テラUSDの価値を担保する仕組み自体に問題があり、今後は新たに適切な枠組みが設けられることとなるのだろう。
 ただ、今回はテラUSD価格の暴落を受けた市場が「すわ、流動性バブル崩壊か」などと無用な思惑を膨らませ、全体が一時的にもリスク回避姿勢を一気に強めたことが米・日株価や米10年債利回り、ドル/円、クロス円などの一時的な下げにつながったと見られる。

 結局のところ、テザーがペッグを回復したことで、とりあえず市場の極端なリスク回避ムードは後退するに至っている。結果、ドル/円は週末にかけて129円台を回復する動きとなり、目先は重要な節目の一つと目される129.50円処を再び上抜けるかどうかが焦点ということになりそうである。
 少し振り返ると、12日にドル/円が129.50円処をクリアに下抜け、そこから一気に127円台半ばまで一時的にも大きく値を下げる動きとなったのである。よって、同水準をクリアに上抜ける動きとなれば、再び130円台乗せをうかがう動きとなっておかしくない。
 先週は、4月の米消費者物価指数(CPI)や生産者物価指数(PPI)が発表され、その結果から「いまだインフレがピークに達したとの確信には至らない」との見方が強まり、ますます米連邦準備制度理事会(FRB)がタカ派姿勢を強めることが警戒されたとの解釈があちこちでなされていた。「だから、週末にパウエル議長が0.75%の利上げは積極的に検討していないと再表明したことにより、米株価は大きく値を戻した」ということなのだが、実際には前述したテザー絡みの“騒動”が一段落したことの方が大きかったわけである。
 ちなみに、13日に発表された4月の米輸入物価指数や米輸出物価指数は、前回実績と事前の市場予想をともに下回る結果となった。あらためて、4月の米CPIや米PPIの結果を振り返って見ても、やはり米国のインフレはすでにピークアウトしはじめていると見るのが妥当なのではないか。実際、元米財務長官のサマーズ氏もTVインタビューに臨んで「インフレは3月に年率8.5%となったことで天井を打った可能性もある」と述べていた。パウエル議長にしても、その可能性を念頭に置きながら、市場に拡がる「オーバーキル」への懸念を払しょくするようなかじ取りを行っていくと期待したい。

 さて、今週も4月の米小売売上高の発表やFRB議長の講演などといった重要日程が控える。米地区連銀総裁の講演も相次ぎ、その多くがタカ派色の強いものであれば、それだけドルの上値リスクも高まるだろう。
 ただ、今週は欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁による講演や前回開催分のECB議事録の公開なども控えており、それらを受けてユーロ/ドルが強含みとなる可能性もあるものと見ておきたい。既知のとおり、ここにきて多くのECB理事らが6月か7月の利上げに言及し始めており、今後はラガルド総裁の出方が市場の思惑を左右しやすい。
 そのうえで、一つの焦点はユーロ/ドルの2017年1月安値=1.0340ドル処でのサポートが機能し続けるかどうかということになろう。

(05月16日 08:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第804回 “ステーブルコイン騒動”一服でリスクオフ後退