FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

外貨投資 転ばぬ先の智慧

最新の記事

第806回 「米インフレはピークアウト」との見方が拡がる…

2022年05月30日

 先週末27日までNYダウ平均は6営業日続伸となった。何より、米国内のインフレが鈍化の兆しを見せ始めていることが大きい。ことに、25日に公開された5月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録において、米連邦準備制度理事会(FRB)が市場の想定を超えた利上げを実施する意向を示さなかったことが市場の安心感につながったといえる。
 そもそも、インフレの一段の加速やFRBによる金融引き締め方針に対する市場の見立ては、先々週あたりまで極端な悲観やタカ派に傾き過ぎていた。それが、今回のFOMC議事録の内容や幾つかの米経済指標の結果を受けて、かなり修正され始めている。
 実際、目下の市場からは「FRBが中立金利の水準まで政策金利を迅速に引き上げたあとは、利上げを一旦停止する可能性もある」との声まで聞かれる。

 少し振り返ると、先週24日に発表された4月の米新築住宅販売件数は、事前予想の75万件を大幅に下回る59.1万件に留まった。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の26日発表によれば、米国の住宅ローン金利は足元で大幅に低下し始めているという。依然として高水準ではあるものの、とりあえず上昇一服となったことは一つの朗報である。
 また、先週27日に発表された4月の米個人消費支出(PCE)物価指数は食品とエネルギーを除くコア指数は前回から減速し、同日発表された5月のミシガン大学消費者信頼感指数も前回実績と市場予想を下回った。
 他にも、4月の米耐久財受注や米中古住宅販売成約指数など、先週明らかになった指標結果の多くが、インフレはピークアウトしたとの見方を支持するものだった。
 既知のとおり、バイデン米大統領は対中制裁関税の引き下げを前向きに検討し始めているという。また、この6月にはサウジアラビアのムハンマド皇太子と初会談の機会を設ける可能性もあると伝わる。一方で、米国内における石油・ガスの掘削装置(リグ)稼働数は着実な増加傾向を辿っている。一時期、コロナ禍によって250基程度にまで減少した稼働数が最近では720機程度にまで増加している。こうしたことを通じて、原油価格の先高観やインフレ高進への警戒感も徐々に和らいでいくものと思われる。

 前回更新分の本欄で、ドル/円について「127.60円処を軸とした127.00-128.20円のレンジ内での動きを続ける」と予想したが、実際には先週後半に向けてレンジが0.5円分切り下がることとなった。大きかったのは、やはり4月の米新築住宅販売件数の結果であったが、ほどなく127.60円処まで値を戻す動きとなったことも見逃せない。ちなみに、24日の安値=126.35円処は「3月末のポジション調整時に一時的にもつけた安値から、5月9日につけた直近高値までの上昇に対する50%押し」の節目にあたる。
 また、26日の欧州時間入り後に再び126円台半ばの水準まで急落する場面もあったわけだが、これはそのときに飛び込んできた黒田日銀総裁の発言に「出口」を意味する単語が入っていたことにアルゴが反応した結果であり、ほどなく切り返して結局は下に「往って来い」の展開となった。

 そうしたことも勘案したうえで、今週のドル/円は127円を軸とした126.50-127.50円のレンジ内での値動きになると見ておきたい。今週は、31日に発表される5月の米ISM製造業景況指数はやや弱めの予想となっており、瞬間的なドルの下値リスクには警戒しておく必要があると思われる。
 一方、先週のユーロ/ドルは筆者の想定以上に上値を伸ばす格好となったが、やはりその上値余地には自ずと限りがあると見る。先週は、23日に欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁から「7月に利上げが可能になる」との見解が示されたことで、ユーロ/ドルのレンジが一気に切り上がったが、当面の上値は1.0800ドルあたりまでに限られると見る。
 (05月30日 07:00)

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 田嶋 智太郎(たじまともたろう)
    昭和63年、慶応義塾大学卒業後、国際証券(現三菱UFJ証券)勤務を経て、経済ジャーナリストに転身。これまでにNHK「くらしの経済」、テレビ朝日「やじうまプラス」などのコメンテータを務め、年間で全国およそ200ヶ所の講演を続ける。現在は日経CNBC「一発回答!銘柄ナビ」レギュラー。「株に成功する技術と失敗する心理」(KKベストセラーズ)など著書も多数。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マーケット情報 > FXコラム > 外貨投資 転ばぬ先の智慧 > 第806回 「米インフレはピークアウト」との見方が拡がる…