◆ 「知ったら終い」の典型… - FOMC

注目のFOMCでは“0.50%利上げ”が実施され、その後のパウエルFRB議長・記者会見でも『インフレは高す" />

FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

マネパ為替分析 日刊レポート

最新の記事

再び「米経済指標次第」の展開に…!?

2022年05月06日

◆ 「知ったら終い」の典型… - FOMC

注目のFOMCでは“0.50%利上げ”が実施され、その後のパウエルFRB議長・記者会見でも『インフレは高すぎる』との発言にて、当初は“ドル買い”が進行しました。
しかし『次回以降の会合で“0.75%利上げ”は検討していない』と事実上否定されたことで一変、“ドル売り”が優勢となり、一時は“128.644円”と値を落としています。
もっとも昨日は「米インフレ→金利先高観」が再燃しており、米10年債利回りが“急上昇(→3.10%)”する中で、ドル円は“反発(→130.545円)”しています。


◆ “ドル買い”一辺倒とはなりづらいが…?

昨日は「米利回り急上昇」を背景にして「NYダウが“急落(1000ドル超安)”」したように、インフレ抑制を目的とした「拙速的な金融引き締め」には改めて是非が問われつつあります。
また「米経済の軟着陸(ソフトランディング)」にも懐疑的な見方が増えつつあるだけに、積極的に“ドル買い”を謳える地合いではないのは事実です。
しかし「日米金融当局の立ち位置の違い」は如何ともしがたいだけに、金利面では“ドル買い+円売り”に傾斜せざるを得ないのが実状です。


◆ 「米雇用統計」がキッカケになる…!?

こうした状況下、本日は米雇用統計が予定されています。
事前予想は「非農業部門雇用者数(+39.1万人)/失業率(3.5%)/平均時給(前年比+5.5%)」となっており、ここからの乖離具合が注目ということになります。
ただ昨日発表された「米非農業部門労働生産性」は“1947年以来最大のマイナス幅(△7.5%)”となる一方、「単位労働コスト」は“1982年以来の高い伸び(+11.6%)”を示しました。
いずれも「インフレ高進」が示唆される内容であっただけに、「一つ一つの項目」のみならず、「そのバランス」が重要視されてくることになりそうです。

“3.10%”に乗せた「米10年債利回りの行方」、“1000ドル超安”を見せた「NYダウの波及具合」。
さらには連休明けの「国内実需絡みのフロー」や、ウクライナに絡んだ「ロシアの動向(本日は露戦勝記念日)」等、動意付かせる要因はいくつも存在しています。
それでも「FOMC後の調整」を経て、“ドル買い”が基調として再び進行するか?否か?のキッカケとなるのは、これからの「米経済指標次第」といえるかもしれませんね。
特に本日の「米雇用統計」には要注目と考えたいところです。


◆ ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:131.300(02/4/17高値、4/28高値)
上値4:130.945(4/29高値、大台)
上値3:130.893(ピボット1stレジスタンス)
上値2:130.643(4/28~5/4の76.4%戻し)
上値1:130.545(5/5高値)
前営業日終値:130.171
下値1:130.000(大台)
下値2:128.753(5/5安値)
下値3:128.644(5/4安値、5/4~5/5の50%押し)
下値4:129.315(4/29安値、5/4~5/5の61.8%押し)
下値5:129.092(日足・一目均衡表転換線、+1σ、4/27~4/28の50%押し、ピボット1stサポート)


◆ 豪ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:94.000(大台)
上値4:93.640(ピボット1stレジスタンス)
上値3:93.356(5/5高値後の61.8%戻し)
上値2:93.153(5/5高値後の50%戻し)
上値1:93.013(20日移動平均線、日足・一目均衡表基準線、大台)
前営業日終値:92.592
下値1:92.640(4/27~5/5の38.2%押し)
下値2:92.291(5/4-5安値、4/27~5/5の50%押し、日足・一目均衡表転換線)
下値3:92.000(大台)
下値4:91.917(ピボット1stサポート)
下値5:91.792(4/27~5/5の61.8%押し)


◆ ポンド円 抵抗・支持ライン

163.985(4/29高値、日足・一目均衡表基準線、大台)
163.874(5/2高値)
163.731(20日移動平均線)
163.546(5/5高値)
163.000(大台)
162.371(5/5高値後の61.8%戻し)
162.009(5/5高値後の50%戻し、大台)
161.910(日足・一目均衡表転換線)
161.646(5/5高値後の38.2%戻し)
161.535(-1σ)
161.000(大台)
前営業日終値:160.837
160.471(5/5安値)
160.000(大台)
159.836(50日移動平均線)
159.702(週足・一目均衡表転換線)
159.567(4/27安値)
159.439(3/31安値、-2σ)
159.335(日足・一目均衡表先行スパン上限)
159.039(3/23安値、3/30安値、大台)
158.701(週足・一目均衡表基準線)
158.000(大台)
157.800(日足・一目均衡表先行スパン下限)

《11:25》
《11:55、テクニカルライン追記》

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 武市佳史(たけちよしふみ)
    大阪府出身。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。 日本におけるFX(外国為替証拠金取引)の草創期より業務に従事。現在ではマネーパートナーズのチーフアナリストとして、為替コラムの執筆やWebセミナーの講師を務めるだけでなく、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿している。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

このページの先頭へ