FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

パウエル発言を受けて円安の流れ

2020年08月28日

注目されたパウエルFRB議長のカンザスシティ連銀主催の年次シンポジウムでの発言でしたが結果的には織り込み済みとなりました。イベントを通過して米長期金利上昇しています。米10年債利回りは0.6%付近から0.78%付近まで上昇しましたがドル円以外はそれほどドル高になっていません。新興市場国の通貨もランドはドル安ですがリラと、ペソはドル高とまちまちの動きです。しかしドル円の上昇でクロス円を含めて円安の流れとなっており、新興国通貨もリラ、ペソ、ランドともそろって円安の流れになっています。


新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント


【トルコリラの材料と予測】

今週ここまで(28日正午ごろ)ドルトルコリラは7.3184オープン、7.3622クローズで0.6%の上昇、リラ円は14.37円オープン、14.484円クローズで0.79%の上昇となっています。
トルコは東地中海でのガス採掘をめぐってギリシャともめていて地政学的リスクが再燃しています。ギリシャはこの海域で軍事演習を予定しており緊張が高まっています。
これに対してトランプ大統領がミツオキタス・ギリシャ首相とエルドアン・トルコ大統領に対して電話会談で対話を促す仲介を行ったようです。
トルコには地政学的リスクだけではなく、インフレの問題など多くの問題を抱えていますが、地政学的リスクの解決が進むのか注目材料になります。
ドルトルコリラは7.4付近が短期的なレジスタンスになっています。ここがレジスタンスになれば7.2~7.4のレンジが想定されます。

TRY/JPY 日足BIDチャート

リラ円は8月10日の安値14.079円がサポートされ反発しています。14.30付近が短期的なサポートとなり、ここが維持できれば14.30~14.65のレンジを想定します。


【南アフリカランドの材料と予測】

今週ここまでドルランドは17.1495オープン、16.9807クローズで0.98%の下落、ランド円は6.156円オープン、6.291円クローズで2.19%の上昇となっています。
世界的に株価が上昇したことでリスクオンの流れとなりランドはサポートされました。
26日に発表された南アフリカの7月消費者物価指数は前月比1.3%(予想1.2%、前月0.5%)前年比3.2%(予想3.1%、前月2.2%)と予想を超えて上昇しました。
南アフリカ中央銀行は3月以降利さげを急ピッチに行い政策金利は3.5%まで低下しています。しかしインフレ率の上昇を受けて緩和政策が一時休止する可能性もあり金融政策に注目が集まります。
ドルランドは一時16.7226まで下落しましたが、17.1095まで反発しました。17.14に一目均衡表の転換線、17.05付近に基準線が位置しており17.15付近が短期的なレジスタンスになっています。ここが抜けなければ16.70~17.15とランドが堅調な流れが継続、17.15付近を上抜けした場合は17.35付近への上昇を予想します。

ZAR/JPY 日足BIDチャート

ランド円は25日に6.356円まで上昇後に一時6.221円まで下落しましたが一時6.194円まで上昇しました。6.3円付近が一目均衡表の雲の上限があり、ここが短期的なレジスタンスになっています。
ここが抜けなければ6.2~6.3円のレンジ、上抜けした場合は前回高値の6.35円付近への上昇を予想します。


【メキシコペソの材料と予測】

先週のドルメキシコペソは22.015オープン、22.0876クローズで0.33%の上昇、ペソ円は4.802円オープン、4.837円クローズで0.73%の上昇となりました。
24日に発表されたメキシコの消費者物価指数は前年比で3.99%と前回の3.59%、予想の3.7%を上回り上昇しました。
メキシコ中銀のインフレ目標は3%±1%なので今回の結果はその上限に迫ってきていますが、メキシコ中銀は1~2年の時間軸ではインフレ率は目標の3%に向かうとの見通しを継続しています。ただインフレ率の上昇でここまでの利下げサイクルが一旦休止する可能性も出てきました。利下げ休止がペソに追い風になるのか注目です。
ドルペソは22.50付近から今週は21.82付近まで下落してペソ高になっています。しかし昨日のパウエル発言を受けて22.22付近まで反発しました。21.80付近は6月以降のサポートレベルになっており引き続き21.80~22.50のレンジを予想します。

MXN/JPY 日足BIDチャート

ペソ円は24日に4.862円まで上昇しましたが4.797円まで下落しました。このレベルがサポートされ4.84円付近まで上昇しましたが4.82円付近で推移しています。
4.8円付近が短期的なサポートとなり、ここが維持できれば4.8~4.86円のレンジ、下抜けした場合は4.76円付近への下落を予想します。

レンジは28日正午ごろまで、チャートは3時ごろのものです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

このページの先頭へ