FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

YEN蔵の外国為替見聞録

最新の記事

新興国通貨の上昇は一服

2021年01月15日

新興国通貨 四本値 フィボナッチリトレースメント ピボットポイント


【トルコリラの材料と予測】

11日発表された10月トルコの失業率は12.7%と前回と一致しましたが、11月の経常収支は40.6億ドルの赤字と前回の2.7憶ドルの赤字、予想の35.6億ドルの赤字より悪化しました。
13日発表の11月の鉱工業生産は11%と前回の10.4%、予想の9.6%を上回りました。小売売上高は11.9%と前回の12%を下回りました。
ドルトルコリラは11日に7.5176リラ、12日にもそのレベルまでリラ安が進みましたが、鉱工業生産発表後は7.42リラ付近を下抜けしてリラ高に向かいました。
ここのところ領海をめぐって対立しているトルコとギリシャが25日に協議を再開します。5年ぶりの協議再開で、これに関してはEUも歓迎しています。地政学的な問題を抱えるトルコとしては解決方向に向かう流れはリラにとっては好材料です。
ただ経済情勢は依然として厳しく、ここまでのリラ高はトルコ中央銀行の利上げと通貨防衛の姿勢を市場が評価しているからです。その意味では21日行われるトルコ中央銀行の金融政策発表は注目されます。

USD/TRY 4時間足BIDチャート

ドルトルコリラは1月7日に安値の7.2357リラまで下落後に7.5176リラまで反発しましたが、7.52リラ付近は下落前のサポートレベルで重要なレジスタンスとして機能しています。ここが抜けなければ下落トレンドは継続で安値の7.23リラを目指す流れが継続と思われます。

TRY/JPY 日足BIDチャート

リラ円は11月6日に11.999円の安値まで下落後に13日に13.829円まで上昇し、現在このレベルがサポートとして機能しています。13.82付近と一目基準線の13.60円付近が中期的なサポートになっています。
一方で14.25円付近がレジスタンスとなり、ここが上抜けできないと13.60~14.25円のレンジを予想します。14.25円を上抜けできれば15円付近がターゲットになります。


【メキシコペソの材料と予測】

米上院で民主党2議席を獲得しトリプルブルーが完成するとドルペソも6日に19.5911ペソと高値まで上昇しました。今週は一時20.2534ペソまでペソ安になりましたが19.85付近とドルペソはペソ高のレベルで推移しています。
WTIが52~53ドルで推移するなど原油価格が高値圏で推移することも産油国のメキシコにとってはペソ高の材料になっています。
一方でメキシコの感染者数は1,571,901人と世界で13番目の規模になっています。(ジョージタウン大学HPより)
11日に発表された11月の鉱工業生産は前年比-3.7%と前月の-3.3%、予想の-2.9%を下回りました。5月に一時-30.7%まで落ちこんだ鉱工業生産は回復していましたが10月以降回復が鈍っているようです。

USD/MXN 1時間足BIDチャート

ドルメキシコペソは19.73ペソ付近が短期的なサポートとなり、19.73~19.89ペソのレンジで推移しています。19.90ペソ付近を上抜けすれば20.10ペソ付近への上昇を予想します。

MXN/JPY 1時間足BIDチャート

ペソ円は一目の雲の上限の5.22円付近がサポートとなり5.22~5.26円のレンジで推移しています。5.26円付近は中期的なレジスタンスとなっており、12月9日の高値5.286円(3月以降の戻り高値)とともに重要なレジスタンスになっています。
ここを抜けないと5.22~5.26円のレンジ下抜けした場合は一目の雲の下限5.2円付近への下落を予想します。


【南アフリカの材料と予測】

南アフリカ由来のコロナウイルスの変異種の懸念はランドにとって売り材料になっています。変異種に関しては世界で英国型が49か国、南アフリカ型が19か国で見つかっています。
感染拡大を受けて南アフリカは先月末からロックダウンを強化し警戒レベルを5段階のうちの3に引き上げました。ロックダウンは経済にとってはマイナス材料です。
一方で南アフリカの主要な輸出品であるプラチナ族の金属(PGM)の価格の上昇が加速しています。ロジウムが1トロイオンス2万ドル、イリジウムが1トン2990ドルなど高騰しています。
電子部品の増産が続いており、電子部品に利用するPGMの価格が上昇しています。感染拡大を受けた供給不安もPGMの価格上昇の材料になっています。

USD/ZAR 日足BIDチャート

ドルランドは12月25日に14.4559ランドまでランド高が続いて後に15.6536ランドまでランド安が進みました。15.55ランドに一目均衡豹の雲の下限が位置しておりここがレジスタンスになって15.0875ランドまで下落しています。ここに一目均衡表の転換線、基準線が位置しサポートとなっています。このレベルがサポートされれば再びランド安となり一目均衡表の雲の上限が位置する16ランド付近への上昇を予想します。15.08ランドランド付近を下抜けすれは14.45レベルへの下落を予想します。

ZAR/JPY 日足BIDチャート

ランド円は12月25日に7.117円まで上昇後に1月11日に6.653円まで下落しましたが6.845円付近に反発しています。6.678円は安値の5.957円~7.117円の38.2%戻しに当たり一目の雲上限でもありました。このレベルが短期のサポートとして機能していますが、ここが維持できないと50%戻しの6.54円付近への下落を予想します。
一方で6.86円付近に一目の転換線6.9円付近に一目の基準線が位置し短期的なレジスタンスになっています。ここが上抜けできれば再度7.117円を目指す動きになるでしょう。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

プロフィール

  • 著者近影 YEN蔵(田代岳)(えんぞう(たしろがく))
    投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。 為替を中心に株式、債券、商品、仮想通貨と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。


FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引および証券取引に関するご注意

パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。

取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。

パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。 国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会