FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

新年のご挨拶

2015年01月02日

謹賀新年

 皆様あけましておめでとうございます。謹んで新年のお祝いを申し上げます。

 昨年は4月の消費税引き上げ以降、国内GDPの回復の経過観察等による市場の様子見感が著しい模様眺めの上半期、そして9月からの急激な円安の進行の中、米FRBの量的緩和策の終結宣言に時を同じくして10月末には日銀黒田総裁が金融緩和に向け強い意志をしめした所謂黒田バズーカ2により、さらなる円安への拍車がかかり一時1ドル121円半ばまでの急激な円安が進行した下半期と、1年において前半と後半で非常に市場の色の異なる1年でありました。日経平均も一時18000円の大台をつけ、市場には引き続き株高と円の先安感が台頭しております。原油安の影響かルーブル等通貨が混乱を示す中、年末の衆議院総選挙では自民党が大勝し向こう4年間の政権安定のなかアベノミクスによる景気回復が本物かどうかを見定めていく状況となっており、昨年下半期以降動き出した市場のボラティリティは本年も引き続き活況が予想される状況であります。

 このような中、当社グループは昨年9月3日に国内では初となるマルチカレンシー型海外専用トラベルプリペイドカードである「マネパカード」のサービスをマスターカードと提携し開始いたしました。4年以上の時間をかけ準備してきた本サービスが無事開始にいたりましたのも皆様のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。本サービスは従来のクレジットカードに比べ海外でのショッピング利用に伴うコストが半額以下である他様々な特徴を持つ画期的なカードであります。今後はこのカードの利便性をさらに増進すると共に、当社の主力サービスでありますFX取引との連携をより進めていき、より一般の方の外貨の利用を便利にし、また外国為替のさらなる一般化・普及に努めてまいります。
 本年はFX取引においても「クイック発注ボード」のさらなる改修、昨年リリースいたしました「Hyper Speet NEXT」での特殊条件注文の「トレール注文」や「時限成行注文」に加えさらなる利便性ある注文機能を拡充してまいります。CFD取引については昨年の「白金/米ドル」、「金/円」の銘柄追加を踏まえ、クイック発注ボードのさらなる拡充等利便性の向上に取り組んでまいります。外貨受取に関しては取扱い通貨の拡充等、より一般の皆様への利便性の拡充に取り組んでまいります。また、引き続きお客様に対しての取引の透明度と公正性を維持し、より安心して、より快適に、より一般の方が参加できる外国為替サービス全般に取り組んでまいります。

 おかげ様でお客様総数も25万口座を上回りました。今日の当社があるのはひとえにお客様のご支持・ご支援によるものと改めまして感謝申し上げます。

「マネパは投資家と共に。投資家の為に。」

 引き続き本年もお客様の信頼や期待を裏切らぬよう、より一層お客様の視点に立った最良のサービスをご提供できるよう当社役職員一同、奮励努力してまいります。
 本年が皆様にとって良き年となりますよう心より祈念すると共に、本年も何卒マネーパートナーズをご贔屓ご愛顧くださいますよう、役職員一同、心よりお願い申し上げます。

平成27年元旦
株式会社マネーパートナーズ
代表取締役社長
奥山泰全拝


このページの先頭へ