FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

新年のご挨拶

2016年01月01日

謹賀新年

 皆様あけましておめでとうございます。謹んで新年のお祝いを申し上げます。

 昨年の市場は米国利上げ問題や中国ショック、石油等の資源安などの影響を受けつつ、年初のスイスフランショックや8月末のドル円の乱高下など、市場の大きな変動や米国利上げ問題などの影響により模様眺めと乱高下が入り混じった難しい状況でありました。ドル円は125円強の円安をピークとして120円台を中心とした形で振り幅の大きなレンジでの一進一退となり、日経平均は21000円をピークとして昨年末水準18000円との間の一進一退という状況となっております。本年は申年であり市場的に乱高下が起こりやすいと言われている干支年でもあります。米国大統領選や、日本においても選挙年でもあり市場はリスクをしっかり見つつ取組む年であろうかと見ております。
 このような中、昨年の当社グループは多通貨チャージのできるプリペイドデビットカードである「マネパカード」の普及に努めると共に、FX取引においては7年ぶりの「通貨ペアの追加」や「連続予約注文」、長く準備してまいりましたパートナーズFXの専用端末における「サーバー預かり型自動売買」の開始など様々なお客様の取引利便性の向上に努めてまいりました。
 また一昨年末から試験的に取り組んでおります投資家への投資教育コンテンツであります「マネパ投資塾」も好評をいただいており、まだまだ小規模ではありますが投資する楽しさや資産運用なども丁寧に啓蒙していければと考えております。
 投資家の為の取引システム・サービスの拡充に留まらず幅広く外国為替を中心としてお客様利便性の向上を図る取り組みを本年も積極的に続けてまいります。

 おかげ様でFX取引のお客様総数も27万口座を超え、マネパカードの口座数もFX取引を上回るペースで新しいお客様に受け入れていただいております。今日の当社があるのはひとえにお客様のご支持・ご支援によるものと改めまして感謝申し上げます。

「マネパは投資家と共に。投資家の為に。」

 引き続き本年もお客様の信頼や期待を裏切らぬよう、より一層お客様の視点に立った最良のサービスをご提供できるよう当社役職員一同、奮励努力してまいります。
 本年が皆様にとって良き年となりますよう心より祈念すると共に、本年も何卒マネーパートナーズをご贔屓ご愛顧くださいますよう、役職員一同、心よりお願い申し上げます。

平成28年1月1日
株式会社マネーパートナーズ
代表取締役社長
奥山泰全 拝


このページの先頭へ