今から追いつくBrexit特集2019

第二回投票、明日午前2時(今夜26時)から結果判明の見込み

2019/06/18
マネーパートナーズ

英国では6月18日にメイ首相の後任の座を巡る第二回保守党党首選議員投票が行われ、日本時間の6月19日午前2時から結果が判明する見込みです。
第二回投票では得票数32票以下の候補者が脱落し、全員が32票を上回れば得票数最下位の候補が脱落します。

6月13日に行われた第一回投票の結果は以下の通りです。

候補者名 得票数
ジョンソン前外相 114票
ハント外相 43票
ゴーブ環境相 37票
ラーブ前EU離脱担当相 27票
ジャビド内相 23票
ハンコック保健相(辞退) 20票
スチュワート国際開発相 19票

<以下得票数16票以下のため脱落>

レッドソム前下院院内総務 11票
ハーパー元院内幹事長 10票
マクベイ前雇用・年金相 9票

第一回投票では強硬離脱派のジョンソン氏が全313票中114票を獲得し2位以下に大差をつけて首位に立ちました。
第二回投票でもジョンソン氏の優位は変わらないだろうと予想されている中、穏健離脱派だと考えられていたハンコック保健相が党首選を辞退しジョンソン氏の支持を表明したことが更なる追い風となっています。
ジョンソン氏が決選投票まで駒を進めることが確実視される中で行われる第二回投票では、ジョンソン氏がどこまで票を伸ばすのか、ハント外相ら穏健離脱派がどこまで巻き返せるのかが注目されています。