今から追いつくBrexit特集2019

第四回及び第五回議員投票の結果、決選投票の2名が確定

2019/06/21
マネーパートナーズ

英国では6月20日にメイ首相の後任の座を巡る第四回及び第五回保守党党首選議員投票が行われました。投票結果は以下の通りです。


第四回議員投票
候補者名 得票数
ジョンソン前外相 157票 (+14)
ハント外相 59票 (+5)
ゴーブ環境相 61票 (+10)
ジャビド内相(脱落) 34票 (-4)

第五回議員投票
候補者名 得票数
ジョンソン前外相 160票 (+3)
ハント外相 77票 (+18)
ゴーブ環境相(脱落) 75票 (+14)

議員投票の結果、過半数の票を獲得した強硬離脱派のジョンソン氏と、接戦を勝ち抜いた穏健離脱派のハント氏が決選投票に駒を進めることになりました。
投票を終えたジョンソン氏は「過半数の票を獲得できたことに深く感謝している。英国をまとめ皆にとって明るい未来を作ることを楽しみにしている」と述べました。 決選投票は議員投票と異なり16万人の全保守党党員が投票権を持つことになりますが、現状では決選投票でもジョンソン氏が優位との見方が出ています。
この状況を受けてハント氏は「自分が劣勢であることは分かっているが政治に予想外はつきものだ。離脱を実現し、経済を成長させ、世界に誇れる国にしてみせる」と決意を示しました。

両者はこれから支持獲得に向けたキャンペーンを行い、全保守党党員による投票の結果7月22日から26日までに新しい党首(首相)が選出される見通しです。