今から追いつくBrexit特集2019

保守党党首選ついに決着 ジョンソン前外相が勝利

2019/07/24
マネーパートナーズ

メイ首相の後任の座を巡る保守党党首選がついに決着し、事前の予想通りジョンソン前外相が勝利しました。投票結果は以下の通りです。


候補者名 得票数
ジョンソン前外相 9万2,153票
ハント外相 4万6,656票

合意無き離脱を辞さない姿勢を示し続けてきたジョンソン氏は就任スピーチで「10月末までにEUを離脱する」と断言し自身の方針を強調しました。
しかし、大差で勝利したジョンソン氏ですが、既に与野党からの批判は強くハモンド財務相、ガーク司法相ら一部保守党議員は辞任を表明しており、 最大野党労働党のコービン党首も「ジョンソン氏は保守党からの支持は得たが、英国の支持は得ていない、首相は総選挙により国民が選出するべきだ」と発言しています。

首相就任後にEUとの離脱協定案の再交渉に臨むジョンソン氏にとって、議会からの信任を得られるのかが最初の課題となり、現状では不信任案により新政権が短命に終わる可能性があります。
そのため、ジョンソン氏に反対する議員の動向が、再び動きだそうとしているBREXITの命運を左右することになりそうです。