マネパFX情報室

西本豪のFX初心者⇒中級者の教科書
FXトレーダーのガチな悩みは利益よりもコレらです!

2021/12/14
FXトレーダーと聞くと、タワマンに住んでいたり何千万円、何億円ものお金を右から左へ動かしてはお金を稼ぐ華やかなイメージを持っていらっしゃる方も少なくないはずです。

しかしながら、皆様は、プロのFXトレーダーのほとんどが同様の悩みを抱えていることについてご存知でしょうか?
そこで今回はFXトレーダーたちの『ガチな悩み』について、「そんなこと悩んでるの?」と思われるかも知れませんが、詳しくご紹介させていただきたいと思います。

1.腰痛は中級トレーダーの勲章?

まず初めに、FXトレーダーが利益を出すことよりも真剣に悩んでいることとして挙げられるのは『腰痛』に関してです。

トレードにはスキャ・スイング・システム・トラップトレードなど、様々なトレードスタイルがありますが、そのすべてのトレーダーは腰痛で悩んでいます。

椅子を探し続けるトレーダーたち

大体トレーダーたちが集まってお酒を飲むと、まずは最近のトレードの話から始まって、相場展開やポジショントークの話題へと移っていきます。

そして、トレードや最近の話題が一巡すると、必ずと言って良いほど『椅子』の話になります。

例えば、「最近腰痛がひどくて困ってるんですよね」と、あるトレーダーが始めると「◯◯と言う椅子がめちゃくちゃ良いですよ」や「××は高いけどリクライニングが大きすぎる」「ゲーミングチェアにしてから調子が良い」とか、必ず椅子の話で盛り上がります。

「どうしてそんなにその話で盛り上がるの?」と思われる方も少なくないかと思いますが、実際トレーダーとして生計を立てると、1日のほとんどを椅子の上で過ごすことになります。

そのため、椅子のクオリティが健康面だけでなくて、トレードにも影響が出ることを全員が多かれ少なかれ認識しているためです。

そうした中で、私は椅子に関して何と話しているのか?

「立ったまま使えるスタンディングデスクは腰にめちゃくちゃ良いですよ!」とオススメしていて、トレーダーさんたちからは「そうなの!!どういうの使ってるの?」などと質問攻めにあっています。

2.トレーダーは精神力が勝負

次に、トレーダーの抱える悩みとして最も重い内容についてご紹介させていただきたいと思います。

一般的なお仕事とは違い、トレーダーとして生計を立てようとすると、どんなに頑張って働いていてもマイナスになることがあります。

それも、何日もかかって積み上げてきた利益が1日で吹っ飛んでしまったり、数年に1度起こるような歴史的な相場展開になりますと、積み上げてきたものが一瞬で失われてしまうこともあります。

そうした過酷な精神状況で戦っているトレーダーの多くは、多かれ少なかれ精神的な問題を抱えながらやっています。

そのため、昨日まで元気に連絡をしてくれていた人が急に連絡が取れなくなるということも珍しくありません。

精神病を抱えているトレーダーも

また、トレーダーの中にはFXを始める前から精神的に追い込まれてしまい、『病気』と診断されてしまっている方も少なくありません。

ただ、この相場の世界は「一般的な常識では説明がつかないことが正しい」とされることも少なくないため、そうした精神的にトラブルを抱えているトレーダーが莫大な利益を出していることも珍しくありません。

そのため、大きなトレードを成功させてお金の悩みから解放されたトレーダーが、今度は、精神的な面で悩んでいる姿を見るケースも少なくありません。

3.チャートをいつまで見られるのか?

最後に、トレーダーの悩みとして「FXチャートを将来に渡りどれほどの間見ることができるのか?」ということについてご紹介させていただきます。

目の疲れと睡眠不足

FXトレーダーの多くは昼夜逆転生活を送っていたり、ショートスリーパーと呼ばれる短時間の睡眠のみの人がとても多いです。

そのため、どうしても睡眠不足や目の疲れといったものに悩まされているケースが多いです。

そうした日々を送っていると、「あと何年俺はチャートを見ることができるのだろう?」という身体的な悩みが脳裏に浮かぶようになってきます。

特に、ほとんどのFXトレーダーはFXのチャートだけを見ているわけではなく、株や暗号資産のチャートやニュースも同時に見ていることがほとんどです。

目の寿命について悩みを口にするのは、トレーダーなら仕方ないことなのかも知れません。

チャートをいつまでみるのか?

また、トレーダーはこうした肉体的に大きな負担を負いながらトレードを行っているため、「この先、いつまでチャートを見続けなければいけないのか?」という精神的な将来の不安も襲いかかってくることになります。

特に、1人で深夜まで動きのない相場をぼんやりと見つめながら取引を繰り返しているときは、無限のループに陥ったような錯覚とも闘うことがあります。

そのため、『チャートを見続けなければいけない』ということは変わらないのですが、身体的に継続することが難しくなってくる年齢的な現実と、精神的には継続しなくてはいけないというプレッシャーに板挟みにあっている人も少なくないありません。

4.まとめ

さて今回は『FXトレーダーが投資の利益以上に悩んでいること』について詳しくご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

トレーダーという世界に関して華やかな面をイメージされる方も多いと思いますが、裏側にはこうした悩みが多数あります。

特に、有名トレーダーの多くが良い椅子に座っている姿をイメージされる方も少なくないと思いますが、実際には、「良い椅子にしか座れない」「座りたくない」と思っているケースも少なくありません。

職業病の一覧のようになってしまいましたが、FX中級者を目指す皆様には必ず通っていただかなくてはいけない道となりますので、心のご準備をしておいていただけましたら幸いです。

今回も、私の長いお話に最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

口座開設
【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
西本豪

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

27歳でカナダで留学生向けのサービス会社を設立。
現在は、株式会社Childishの代表取締役としてココア留学・人材育成事業・IT広告事業・海外永住権・音楽家のサポート事業などを兼任しながら、投資家としても活動するマルチタスカー。

株式会社Childish
FX初心者の外為入門

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会