マネパFX情報室

西本豪のFX初心者⇒中級者の教科書

2021/11/15
FXをこれから始めると言う人や、FX初心者の皆様から「FX向けの性格はありますか?」というご質問を度々お受け致します。

そこで今回は、FXに向いていると言われている3つの性格について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

1.FXには向き不向きがある?

そもそも、FXに向き不向きの性格があるのはどうしてなのでしょうか?

そこには、相場と人の精神と言う切っても切れない関係があります。

実は性格により向き不向きがある

過去にFXや株などでトレード経験がある方ならばわかると思いますが、FXと人の性格と言うのは非常に深い関係があります。

それは、投資を続けていると分かるのですが、投資に向いた性格を持っている人は早期からドンドン利益を上げていく一方で、投資に向かない性格の人と言うのは、いつまでたっても大きな成果を出すに至らないためです。

特に、成果が出ない後者の場合は、「なかなか成果が上がってこないのは自分の性格の問題だ」という点に気づくまでに長い時間がかかるため、そこに気づく前に相場の世界から去っていってしまう人もいらっしゃいます。

「ある程度の技術を身に付けているのに、なぜか勝ちがついてこない」と言う場合には、ぜひ、自分自身の性格を疑ってみるのも中級トレーダーへの道となります。

2.FX向きの性格の人は?

さて、しかしながら『FX向きの性格』と言うのは一体どのような性格を指すのでしょうか?

続いてはFX向けの性格について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

研究熱心

FXに向いている性格として真っ先に挙げられるのは『研究熱心な人』です。

研究熱心な人は、失敗したトレードについてその原因を追求することができますし、一番強いところは勝ったトレードに対しても勝ちの理由を見つけようとされる点にあります。

辛抱強く結果が出るまで研究を続けることができるため、長期に渡り成果を出すことができることも大きな特徴の1つといえます。

FXの世界で成功していらっしゃる方のほとんどがこちらの性格を持ち合わせていると言っても過言では無いです。

一発逆転を狙わない

次に継続的に勝ちを収めつづけているトレーダーのほとんどが持っている性格の1つとして、『一発逆転を狙わない性格の持ち主』と言う点が挙げられます。

FXで成功された方の中には、100万円程度の投資額で数億円の利益を出される方もいらっしゃいます。

そのため、トレーダーとしてはどうしても一発逆転を狙いたくなる気持ちが湧いてくるのは言うまでもありません。

ただし、FXを始めてみればすぐにわかるのですが、一発逆転を狙ったトレードの成功率はかなり低いことは言うまでもなく、ほとんどの場合において失敗トレードとなってしまいます。

そのため、FXに向いている性格としては、意外かもしれませんが『堅実な人』の方が良かったりいたします。

キレない

そして、最後にFXトレーダーとして最も重要な性格の1つとして挙げられるのが、キレない性格です。

正直、プロトレーダーとして活躍されていらっしゃる皆様は、日々のストレスが非常に大きいため、誰かと大喧嘩したり、ブチ切れてマウスを投げつけて壊したりする方もいらっしゃいます。

しかしながら、自分自身のトレードに関しては冷静沈着で、どんな場面においても自分を見失わないよう心がけています。

いちいち自分の失敗を人にぶつけているようでは、いつまで経ってもトレードが上達しないと言う事は、トレーダーの世界には当然のこととなっています。

私生活が無茶苦茶な状況であったとしても、マーケットに向かう時だけは最大限の集中力を発揮することが勝ち組トレーダーの共通点となっています。

3.FXに向かない性格の人は?

それではFXトレーダーとして向かない性格としては一体どのようなものがあるのでしょうか?

単純に言ってしまえば、先ほどご紹介したFXに向いている性格の真逆の人がFXトレーダーとして向いていないと言うのは言うまでもありません。

しかし、他にも「こんな性格の人はトレーダーとして大成している人をあまり見かけない」と言うものがありますので、ご紹介させていただきたいと思います。

痛みに耐えられない人

トレードをしてみればすぐにわかるのですが、目の前では1秒単位で数万円のお金が減ったり増えたりしています。

そうした状況を眺めていると、利益がどんどん増えている時は良いのですが、数万円単位でお金が出て行っていく様子を見ていると、正直、心が折れそうになる事が多々あります。

そのため人によっては、トレード前に想定した損切りラインまで我慢することができなかったり、利益確定の到達まで待たずに決済トレードを行ってしまったりすることがあります。

こうしたトレードが積もり積もっていくと、当然ですが、緩やかに負けていくことになるため、痛みに耐えることができない人で、成功しているトレーダーを見たことがありません。

自分を信じられない人

あとは『自分自身を信じることができない人』もまた、FXトレーダーとしてかなり苦しい思いをされる事は間違いありません。

トレードで大損をした後は、正直、自分自身を信じる事は全くできなくなってしまいます。

トレードは大金を稼ぐことができる一方で、それまでコンピューター上に表示されていたお金が、一瞬にして消えてなくなることもあります。

そうした時、正直、「再び立ち上がることができないのではないか?」と思えるほどの苦痛を味わうことになり、自分自身を全く信じることができなくなってしまいます。

しかし、そうした取引の後も、トレーダーは自分の信念を信じ再び相場の世界へと戻ってこなければいけません。

そのため、自分自身を信じることができない人はFXトレーダー向きの性格では無いため、トレードを重ねながら少しずつ自信を深めていただければと思います。

4.まとめ

今回は『FXに向く性格・向かない性格』についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

もし「数年間FXトレードをしているのにずっと負け続けている」と言う人がいらっしゃいましたら、自分自身の性格についても、ぜひ一度考えていただけたらと思います。

また、個人的に私の周りにいる勝ち残ってるFXトレーダーの皆様の性格の共通点としては、皆さま、『自分に自信を持っていらっしゃる』という方々ばかりです。

勝ち組トレーダーを見習う訳ではありませんが、自信がない時、少しだけ自分のことを信用してあげると、大きな成果につながることがあるかもしれません。

西本豪

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

27歳でカナダで留学生向けのサービス会社を設立。
現在は、株式会社Childishの代表取締役としてココア留学・人材育成事業・IT広告事業・海外永住権・音楽家のサポート事業などを兼任しながら、投資家としても活動するマルチタスカー。

株式会社Childish
FX初心者の外為入門

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会