マネパFX情報室

西本豪のFX初心者⇒中級者の教科書
FXのエントリーポイントが分からなくなった時に!

2022/04/18
皆様はこれまでに、FXのエントリーポイントが分からなくなってしまった事はありませんでしょうか?

ここではFXトレーダーにとって、まさに死活問題とも言える、FXのエントリーポイントについてのお話をさせていただきたいと思います。

今回も少し長いお話にはなっておりますが、もしよろしければ最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

1.そもそもエントリーが分からなくなるの?

これまでエントリーポイントがわからなくなったことがないトレーダーからすると、「え?毎日取引をしているのにエントリーポイントが分からなくなることってあるの?」「それって、ただの実力不足じゃないですか?」と思ってしまいますよね?

実は、こうしたエントリーポイントがわからなくなることは、何も特別なことではなく、誰しもが陥ってしまう深刻な問題だったりします。

先ずは、そうしたトレーダーがどのような症状となっているか、ご紹介させていただきたいと思います。

チャートが読めなくなる

エントリーポイントがわからなくなっているトレーダーの多くが陥るのが、自分が一体どこでトレードを開始すればいいのかわからないと言うケースです。

それまでは、例えばチャート上の買いサインと呼ばれている『ゴールデンクロス』であったり、『下髭』や『ブレイク』を確認して、何の問題もなくトレードが出来ていたのに、急に分からなくなってしまう時があります。

ニュースが読めなくなる

次によくあるエントリーポイントが分からなくなってしまう人の例として、誰が見ても明らかに側にとってポジティブなニュースが出ているのにも関わらず、取引を前にするとニュースの良し悪しが判断できなくなってしまうと言うケースです。

こちらもまた重症になってくると、相場の裏の裏の裏の裏まで・・読むようになってきてしまい、何が正しいのかさえ分からなくなってしまうことがあります。

●ファンダメンタルズ分析かテクニカル分析で迷っている方はこちらの記事も参考にされてみてください
初心者の相場分析はファンダメンタルズか?それともテクニカル分析か?

2.エントリーポイントが分からなくなる理由

しかしながら、一体どうして、これまで普通にトレードをできていた人が、出来なくなってしまったり、分からなくなってしまうのでしょうか?


それには以下のような理由があります。

分からなくなる要因とは?

為替相場や株式相場の世界は値動きこそが正解であり、それ以上のものは一切ありません。

それは例えばどういうことかというと、一般社会における正義やモラルに倫理、努力が報われるであろうという思いや考えなどは、値動きの前では一切の意味をなさないことを指します。

そのため、取引を重ねるうちに、何度も何度も相場に否定され続けていると、まるで自己否定をされているようになり、何が正しいか分からなくなってしまうようになってしまうことがあります。

自分は正しいトレードをしている

特に初心者トレーダーの多くは、FXの教本などを参考にしながら、「一般的には正しい」とされるトレードを行っています。

それにも関わらず、値動きにより何度も何度も自分の正しさを否定されてくるうちに、「本当に正しいことが何なのか?」と自問自答するようになります。

その後、気づいたときには自分のトレードを見失ってしまい、教本等では記載されていないような取引を始めるようになります。

利益がトレードを見失わせる

そして、いわゆる『正しい』と言われる王道のトレードから、独自のトレードへと足を踏み入れ始めたとき、偶然にも利益を出してしまうトレーダーがいらっしゃいますが、そこで、大勝利となってしまったトレーダーにこそ、後で深い大きな落とし穴が待ち受けていることがあります。

それは、『相場の変化』です。

いわゆる王道と呼ばれるトレードスタイルは、長いトレードの歴史の中で作り上げられたもので、一般的な初心者トレーダーが少し考えて思いつくトレード手法や取引方法と言うのは、過去に世界中で誰かが実践し、失敗したため、歴史から消し去られているものがほとんどになります。

そのため多くの場合において、新しいトレード手法というのは、一時的な相場展開では成功しても、どうしても継続性という点において問題があります。

再び相場に否定され悩みへ

そして、再び、相場展開が王道と言われる形へと戻ったときに、急に勝てなくなってしまいます。

しかしながら、「自分が生み出したトレードが否定される」ということはトレーダーにとって精神的にマイナス面が大きく、中にはトレードそのものが全く分からなくなってしまう方もいらっしゃいます。

こうした一連の流れにより、エントリーポイントが分からなくなる方がいらっしゃること、少しだけ心に留め置いて頂ければと思います。

3.実際のトレードでの活かし方

さてそれでは最後に、エントリーポイントがわからなくなってしまった方に、その対処方法とトレードでの活かし方についてご紹介させていただきたいと思います。

実は、エントリーポイントがわからなくなるのは、『初心者トレーダーから卒業しようとしている!』ということを意味するので、何もマイナスなことばかりでは無かったりいたします。

相場を休む

エントリーポイントがわからなくなってしまったら、まず真っ先に考えていただきたいのが『相場を休む』と言うことです。

休むも相場と言いますが、何もトレードを続けなくても良いのがFXの醍醐味です。

自分の得意な相場展開が来て、エントリーポイントが見え始めるまで、しばらく相場を休むことを、ぜひ検討されてみて下さい。

初心を思い出す

そして次に考えておいていただきたいのは、「独自手法のトレードにこだわりすぎていないか?」という点についてです。

FXの教本や教材に載っているようなトレードスタイルは、王道と言われるスタイルです。

もし自分自身のトレードが、王道と呼ばれるものから大きく乖離してるようであれば、1度、自分自身のトレードを見直してみることが必要かもしれません。

特に、損切りルールなどは、利益と直結するところなので、初心者の頃のトレードスタイルを思い出していただければと思います。

エントリーに捉われない

そして、エントリーポイントがわからなくなってしまった、特に中級トレーダー以上の方にオススメなのが、エントリーポイントには捉われないという方法です。

「エントリーポイントとテイクプロフィットポイント(利益確定ポイント)のどちらが重要ですか?」というと、重要なのは、利益と損失に直結するテイクプロフィットポイントになります。

エントリーが多少甘くなってしまっても、利益確定ラインやストップラインの設定さえしっかりしていれば、大きなトラブルも避けられますし、トレードが乗っている時には利益だって狙えます。

是非、エントリーにばかり注目するのではなく、『出口』つまりイグジットの方にも注意をしていただければと思います。

4.まとめ

今回は「エントリーポイントがわからなくなってしまう!」と言う話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

これはスポーツで言うところの『イップス』と言われる症状と似ていて、なった人にしか分からない気持ちがあります。

イップスの克服には、練習と自信を取り戻すことが重要だと言われていますが、それと同じように、エントリーが分からなくなってしまった場合にも、トレードを重ねることと、トレードへの自信を取り戻す必要があります。

時には、注文のクリックをすることが怖くなってしまう時もあるかと思いますが、それは、トレーダーなら誰しもが経験することですので、「初心者トレーダーじゃなくなってきた証拠だ!」と思っていただければと思います。

そして、そうしている間に、いつの間にかエントリーポイントについて悩んだことについて、忘れてしまう日がやってきたら、一段階も二段階も成長したトレーダーとして活躍していらっしゃるはずです。
口座開設
【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
西本豪

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

27歳でカナダで留学生向けのサービス会社を設立。
現在は、株式会社Childishの代表取締役としてココア留学・人材育成事業・IT広告事業・海外永住権・音楽家のサポート事業などを兼任しながら、投資家としても活動するマルチタスカー。

株式会社Childish
FX初心者の外為入門

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意


【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano】
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。

取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会