FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > CFD > 3人に2人が資産を殖やしています!マネパの「金」取引

3人に2人が資産を殖やしています!マネパの「金」取引

マネパの「金」取引

マネーパートナーズで金取引を行っているお客様のうち、3人に2人の方が資産を殖やしています。
お客様の取引手法はさまざまですが、実に66%もの方が資産を殖やしている事実は必見です!
なぜ、金なのでしょうか?

※2015年10月1日~2016年9月30日の期間において取引があったお客様の2016年9月30日の期末評価損益-2015年10月1日期首評価損益+期間中実現損益で算出。

■資産を殖やしている取引手法を分析

一言でいうと相場の特性とサービスの特長を活かす取引が多いです。
「米ドル/円などのFXと比べて1日の価格変動が大きいといった金/米ドルの特性と、
指値有利約定がサービスされていることの利点を活かし、
1日数回転を同一枚数で決済同時発注による指値を中心に新規と決済を繰り返す。」
このような手法で取引されて、資産を殖やしている方が多いです。

「金」の特徴

金は古来よりその希少性や保管が容易なことから貨幣や宝飾品に用いられてきました。
金本位制が廃止され、本来貨幣として需要がなくなった現代でも工業や宝飾品などさまざまな用途で用いられており、大きな役割を果たしております。

また金はそのもの自体の価値を保ち続ける「実物資産」として投資対象としても古くから利用されておりました。
現在でも各国の中央銀行が財源強化や国際的信用力強化のために、外貨準備の中に金を資産として保有しています。

分かりやすさが魅力の「金」

基準にできる価格があるから分かりやすい!

安全資産としての金!

米国金利情勢や、金融情勢は要チェック!

金投資の魅力は、なんといっても初心者にも分かりやすい点です。
FXで取引する貨幣(お金)には原価という考え方がありませんので、現在の価格が高すぎるのか低すぎるのかを判断することは大変難しいと思います。
一方、金には採掘コスト、精錬コストなどの原価が存在します。この原価を現在の価格と比較することで、取引の参考にすることができるのです。

また金は信用リスクの低い安全資産として、スイスショックやブレクジットなどのリスクが顕在化したときに、買われる傾向があります。

なお金を取引するにあたって米国金利動向や、金融情勢は要チェックです。
金価格は一般的に米ドルの価値が上がるときに、金は売られる傾向にあり、一方米ドルの価値が下がるときには、金は買われる傾向にあります。
そのため、米ドルの価値に影響を与える金利動向や、金融情勢はご注目ください。

ボラティリティが高く収益チャンスも多い

売りと買いの差額で利益獲得を目指す差金決済取引では、ボラティリティ(価格変動率)が大きければ大きいほど、収益チャンスも高まります。
当社の金取引ではボラティリティが米/ドル円に比べて約1.4倍高くなっています。

しかしボラティリティが大きければ、当然リスクも高くなりますので、リスクを抑えて取引を行なうことが重要です。

CFD版クイック発注ボードの決済同時発注機能などを使って、新規取引と同時に利食いと損切りの注文を行なうことができますので、リスクを最小限に抑えつつ、高いリターンを狙うことが可能です。

ボラティリティは米ドル円の1.4倍!収益チャンスが多くあります

ボラティリティ(価格変動率)比較 当社サービスが対象
※ 2015年10月1日~2016年9月30日の期間において(高値-安値)÷終値の式で価格変動率を算出。さらに調査期間中の平均値を算出。

CFD取引の特徴(魅力)

リアルタイムで取引可能

CFDは世界の市場で取引が行えるため、リアルタイムで取引が可能です。
例えば、日本の市場が終わった後に大きなニュースがあったとしてもマーケットの状態を見ながらリアルタイムで対応することが可能です。

決済の期限なし 無期限ロールオーバーが可能

CFD取引は先物取引と違い、決済に期限がございません。
決済はお客様ご自身のタイミングで決めることができるため、自分のペースに合わせて取引を行うことや、ポジションを保有し続けることが可能です。
決済期限に縛られないというのもCFD取引の魅力です。

売りでも買いでも取引可能

CFDは売りでも買いでも、取引を開始することが出来ます。
そのため、上昇相場でも下落相場でも利益を上げることができ、収益チャンスを逃がすことなく取引することができます。

スワップポイントも受け取れます

CFDはFXと同じくロールオーバーするごとに、スワップポイントが発生します。
※スワップポイントは金利情勢その他の要因により日々変動します。
CFD-Metalsのスワップポイントカレンダーついてはこちらのページをご確認ください。


指値が有利!驚異の指値有利約定

一般的に指値注文はお客様が注文時に指定した価格で約定しますが、マネパのCFDでは、「指値有利約定」という指値注文価格よりお客様に有利な価格で約定するサービスがあります。

実際にマネパの金/米ドルでお取引いただいているお客様の指値注文時に有利に約定する率がなんと35%もあり、最大でなんと13.8ドルもの指値有利約定幅、平均で0.6ドルもの指値有利約定幅があります。

※2015年10月1日~2016年9月30日の期間において取引があるお客様の金/米ドルにおける約定した指値注文のうち有利に約定した割合で算出。
※指値有利約定とは?
指値注文時に指定した価格よりも、有利な価格で約定することを言います。

取引ルールや取引ツールはFXとほぼ同じ

当社の金取引(CFD-Metals)は、FXと同じく売りからも買いからも取引が可能です。取引ルールや取引ツールも、FXとほぼ同じ条件でご利用いただけます。

CFD-Metals パートナーズFX
取引形態 店頭相対取引
手数料 無料
取引時間 22時間 24時間
銘柄数 2銘柄すべてスポット(現物)
金/米ドル、銀/米ドル
全18銘柄
レバレッジ 約20倍まで 約25倍まで
追証/ロスカット あり
現受け なし あり
スワップポイント あり

CFDとは“Contract For Difference”の略称で、一般的には「差金決済取引」と言われており、株価指数や金価格などの様々な銘柄を取引できる投資商品のことです。
FXも外国為替を対象としたCFDのカテゴリーの一つです。
※CFD-Metalsの概要および注意事項についてはこちらの詳細ページをご確認ください。

また当社では、現在の相場状況を整理した金取引(CFD-Metals)の専用レポートを朝と夕方の2回配信中です。会員専用サイトにログイン後、会員限定コラムからご覧ください。

このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > CFD > 3人に2人が資産を殖やしています!マネパの「金」取引