FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

(再掲載)広告表示スプレッド適用対象外期間及びクリスマスを含む年末年始期間の為替市場に関するご注意

公開日:2019年12月30日

平素はマネーパートナーズをご利用くださり誠にありがとうございます。

クリスマスを含む年末年始期間は取引参加者が減少するため、マーケットの流動性が大きく低下することが予想されます。このため急激なレート変動(ボラティリティの急上昇)が起こる可能性があり、当社といたしましても一時的なスプレッドの大幅拡大、一度に発注できる最大数量の制限、レート配信の一時的な停止など、お客様へのサービスの低下につながる対応を行わざるを得ないケースが想定されます。

このような状況をできる限り防ぐため、著しい流動性低下や急激なレート変動の発生等の可能性が大きくなると想定される、本年のクリスマス前後期間につきましては、広告表示スプレッドの適用を終日対象外とさせていただきます。申し訳ございませんが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

【広告表示スプレッド適用対象外期間】
2019年12月23日(月)7:00~2020年1月4日(土)6:50


【特に、急激なレート変動への注意を要する時間帯】
2019年12月26日(木)の早朝
2020年1月2日(木)の早朝


お客様におかれましてはこうした状況を想定し、予想外の相場変動による自動決済(ロスカット)に備えたポジション調整や、指値・逆指値等の事前設定、あるいは十分な余裕資金を事前にお預けいただく等の対応策を講じて頂きますよう、お願い申し上げます。
また、一般社団法人金融先物取引業協会が年末年始のお取引に関する注意喚起を行っておりますので合わせてご確認ください。
年末年始の外国為替証拠金取引に関する注意喚起

銀行等の金融機関は2019年12月30日(月)15:00を過ぎますと、2020年1月5日(日)まで休業となります。このため12月30日(月)15:00時点で当社において確認ができない通常の振込入金に関しましては、当社取引口座への反映が、金融機関が営業を開始する2020年1月6日(月)となります。

金融機関の休業期間中もクイック入金はご利用いただけますが、お客様の手続きに不備等がありますと、即時反映されない場合がございます(例:振込完了後に「加盟店に戻る」ボタンを押さなかった場合等)
その際には前記した通常入金の扱いとなり、同じく2020年1月6日(月)に当社銀行口座への入金が確認された後の反映となりますので、ご注意ください。

なお一部の銀行では、年末年始にメンテナンスを行う場合がございます。メンテナンス時間中はクイック入金をご利用いただけませんので、今一度、ご利用の銀行HPにてクイック入金が利用できる時間帯をご確認いただきますようお願い申し上げます。


このページの先頭へ

FX(外為取引)・証券のマネパHOME > マネーパートナーズからのお知らせ > お知らせ > 2019年のお知らせ > (再掲載)広告表示スプレッド適用対象外期間及びクリスマスを含む年末年始期間の為替市場に関するご注意