FX・CFD・証券取引のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

--> --> -->

FX・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ -外為を誠実に-

先輩たちのFX成功談・失敗談

  • 先輩たちのFX成功談
  • 先輩たちのFX失敗談
リスクが少なく、楽しめる。朝起きた時に利益を出して決済されているのを見ると現金なもので1日元気がわく。旅行費が稼げました。

20代 北海道
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
「朝起きた時に利益を出して決済されているのを見ると~」とのコメントから察するに、保有されているポジションに対し就寝前にOCO注文をセットされていらっしゃるのでしょうか?売り時を逃さないというだけでなく、リスクコントロールの観点からも適切な対応だと思います。


今までは日経225先物をやってましたが、日経225先物の場合は夜中のニューヨークの動向によって翌日の寄り付きがギャップアップやギャップダウンの影響をうけるのですが、FXですと夜中の動きにも対応できるし、逆指値を入れておけば夜中の急な動きにも損切りが確実に行われるので、安心して寝ることができます。今後はFXだけで投資をおこないたいと思います。
30代 広島県

FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
日経225先物のような株取引と違い、FXは世界中で24時間休みなく取引されています。ご指摘のように日本時間の深夜であっても対応できますし、株取引に比べ「昨日の終値から大きく値段が乖離して始まる」ことに悩まされることも少ないです。逆指値注文を活用されているのもポイントですね。



取引が活発になる時間に合わせて一日のスケジュールを組むようになり、一日の行動パターンが規則正しくなりました。
20代 北海道
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
例えば重要な経済指標が発表される時間の近辺など、FXで取引が活発になる時間帯は或る程度決まっています。それに合わせて一日のスケジュールを組んでおけば、大きく動き始めたときに備えて態勢を整えておくことができますので、よいことだと思います。一日の行動パターンが規則正しくなったのは嬉しい副産物でしょう。


自分自身への自己研鑽、相場では自分の思惑とは違った方向に動くことがよくあります。そのようなときにいかに自分を抑え、相場と仲良くしていくかがとても重要になります。FXをはじめてからはチャートの勉強はもちろん、エントリーやクローズなど自分との戦いにおいて自己を抑制するということが少しづつですができるようになってきてます。
これが実生活や仕事にも良い影響を与えてきております。それとやはりFXをやっていると色々な情報が必要になるのでニュースに敏感になりいままでより色々なことが知識として習得できるようになりました。
40代 千葉県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
自分の思惑とは違った方向に相場が動いたとき「判断の過ちを取り戻したい」と考えるのは自然な流れですが、だからといって性急に行動することが良い結果に繋がるとは限りません。おっしゃるように逸(はや)る気持ちを抑え、落ちついて対処することも重要かと思います。それができるようになってきたということは収益向上への第一歩だと思います。


私はFX取引を始めて丁度半年になります。今まで会社勤めで、経済の動向には無頓着でした。しかしFX取引に関心を持ち始めてから、難解な経済用語を耳にするとノートにメモし、意味を調べるうちに日本の実態経済の在りようが少しずつ理解出来る様になってきました。会社勤めの時は為替の値動きで「円高」がなぜ悪いんだ?と単純に考えていた。ダウ、為替の動きには密接な関係がある事が判り経済の動向を知るのはとても楽しいです。
50代 長野県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
「FXを始めてから経済の動向に関心を持つようになった」、「日経新聞を隅から隅まで熟読するようになった」といったような話は、よく伺います。為替市場の変動要因は各国の金融政策・景気動向・政局など多岐に渡ります。FXで得た知識が実際の社会生活でも役に立ったのなら、私たちにとっても嬉しいことです。


株式の現物取引の経験はありましたが、信用取引については自信がありませんでした。それは、通常の場合1日につき1往復しかできないため、急な株価の変動に対処するのが難しいと考えていたからです。また手数料の負担の問題もありました。
しかし、FX取引は、USドル円でスプレッド1.9銭と手数料率も低く、1日に何度もまた、1日中、東京株式市場が休日の祝日も取引が出来るという点、少ない元手で大きく取引ができる点が魅力です。相場見通し等のニュースのサービスを見ることによって世界の政治経済がよく理解できて、株式取引の参考にもなっています。
30代 福岡県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
「レバレッジを利かせた取引」という共通点から、FXはよく株の信用取引に例えられます。しかしご指摘のように信用取引と比べて制約が少ないのがFXの特徴となっています。また為替市場の変動要因は株価の動向ともリンクする部分が多いので、株をFXを同時に手掛ける方も少なからずいらっしゃるようです。


レバレッジを上げすぎてしまった。総資産から言えば無理がなかったけど、口座の残高から考えたら高すぎだった。定期預金が多かったけど、いざと言う時に解約が難しくて使えなかった。

20代 大阪府
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
レバレッジを利かせることでより多くのリターンを狙えるのがFXの特徴の一つですが、そればかりではありません。仮にレバレッジ1倍で取引したとしても外貨預金に代表される一般的な外貨建て金融商品よりも取引コストが低い、24時間取引できるなどメリットがあります。FXは「レバレッジをかけなければいけない」商品ではないことを覚えておいてください。


海外や国内の非常に注目される指標があるときに予想と反対の方向に動いたときには 非常に大きな動きになるのですが、その場合は逆指値をいれてた水準よりもはるかに 大きな水準まですべって損切りさせられたことです。まだFXを初めて間もないのでいい勉強になりました。

30代 広島県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
発表された経済指標の結果が事前予想よりも大きく乖離していた場合などには、直前の値段から大きく掛け離れた値段を瞬間的につけてしまうケースがあります。これを100%防ぐことは困難なので、たとえば重要な経済指標の発表前には一旦ポジションを整理しておく、といった対策をとるのも一つの方法だと思います。


損が怖くてすぐ決済してしまい、損切り貧乏になってしまっているので、利が全然出ないことがありました。

30代 兵庫県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
「損が怖くてすぐ決済してしまう」とのことですが、たとえばポジションを建てた直後に損失を限定するための逆指値を入れておくというのはどうでしょうか。思惑とは逆にいった場合には損失を限定させることができますし、思惑通りに相場が動いたときは、逆指値の水準を調整して損失限定から利益確定の逆指値に変更させていけます。


テクニカルにこだわるあまり、突発的なファンダメンタルズに対処できず、損切りのタイミングを逃してしまった事。またファンダメンタルズに比重を置いた事で、テクニカル的に順張り待ちのタイミングが取り難く、早い段階で決済注文を出してしまった事です。

40代 山梨県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
テクニカル重視の場合もファンダメンタルズ重視の場合も、それぞれに一長一短があります。ご経験されたようなことは、双方の「短」の部分が出てしまったのではないでしょうか。テクニカルとファンダメンタルズをどのぐらいの比重で重視するかは人それぞれとは思いますが、あなたにあった比率というのがあると思います。


回線が重い会社だと売りたい時・買いたい時にスムーズにいかず、歯がゆい思いをすることが多々あります。あと値すべりする会社は当然の事ながら避けたいですね。

30代 兵庫県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
Web取引時の回線の重さや約定拒否・スリッページの頻度などは比較サイトや雑誌の特集記事などでは見えにくい部分なので注意が必要な部分です。スプレッドの狭さといったカタログスペックの部分に注目してしまうのは仕方が無いのかもしれませんが、回線が重かったり約定拒否やスリッページが頻発すれば、結局スプレッドの数値以上にコストが掛かってしまうことも忘れないようにしたいです。


始めたばかりのころは特に・・・損切りができずにズルズルポジション持ち続けてました。1回は運よく戻ってきてくれて利益が上がりましたが2回目はありませんでした。損をすると焦ってしまい売り買い同時にポジションを持ってしまったり・・・と冷静さを失ってしまっていたようです。落ち着いた気持ちでチャートに向かうように心がけてます。

50代 千葉県
FX・証券のマネパからのアドバイスマネパからのコメント
「損切りができずにズルズルとポジションを持ち続ける」とか「損をすると焦ってしまう」という経験は、FXに限らず、投資を手掛けたことがある人であれば一度は経験するのではないでしょうか。そんなときにチャートを見ると、目先の値動きだけでなく、中長期的な傾向が見えて冷静になれることがありますので、気を落ち着けるには有効な手段の一つかもしれません。

  • 先輩たちのFX成功談
  • 先輩たちのFX失敗談

このページの先頭へ